最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

マイケル・ムーア監督、バイデン元副大統領は「今年のヒラリー」と発言

Michael Moore

リベラルな映画監督として社会派作品を作り続けているマイケル・ムーア監督。彼は2016年のトランプ当選を予見していたことでも知られている。そんな彼が、次期大統領選挙に出馬しているバイデン元副大統領のことを「今年のヒラリー」と揶揄したことが話題になっている。

今週、ケーブル・チャンネルのMSNBCに出演した際、『華氏119』などの作品で知られるマイケル・ムーア監督は、バイデン元副大統領が彼の息子がウクライナの事業に関わっていることについて「一度も(息子と)話したことがない」と発言したことを批判した。バイデン元副大統領は、別のインタビューでは、息子と何度かウクライナ事業について話したことがあると語っている。

同番組に出演した際、ムーア監督は次のように語っている:

ジョー・バイデンは、支持層を熱狂さることにはならないし、2020年11月3日に有権者たちが彼に投票することにはならない。彼が公に発言した内容は非常に重大だ・・・しかし、彼はそのことについて関わり合いになりたくないと考えているように見える。彼は公に出ることを恐れている。

ムーア監督は、さらに次のように提案する:

私たちは(民主党の)全候補者たちを今すぐに集める必要がある。私たちは団結してこの問題について全力で立ち向かう必要がある。引き下がるのでもなく、人々の不信感をなだめるのでもなく・・・この成り行きを見守る必要がある。

マイケル・ムーア監督が出演したMSNBCの番組はここで視聴できる:

Screenshot via MSNBC’s YouTube

【関連記事】

バイデン元副大統領、息子を隠れみのに中国とウクライナから資金受領か:汚職関連訴訟が進行中

米バイデン元副大統領親子に資金洗浄疑惑が浮上:ジュリアーニ元NY市長が証拠はあるとツイート

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。