オールドメディアが伝えない海外のニュース

WeWorkが早ければ今月から2000人の社員を解雇:ニューマン氏のNY5番街に豪邸を持つという夢もついえたか

WeWork NY HQ

WeWorkの新CEOであるアーティー・ミンソン氏とセバスチャン・ガニンハム氏は、早ければ今月から社員を解雇し始めると社員に対して事前通告を発表したとブルームバーグ紙が報じた

両氏は、解雇のプロセスは可能な限り「人道的に」行われると約束した。両氏がブルームバーグ紙に語った内容によると、同社が世界で雇用している1万2500人の社員の約16%に当たる2000人を解雇する検討を行なっている。

一方、WeWorkの共同設立者であり、CEOでもあったアダム・ニューマン氏は、IPOを行う前に自社株を売却したり自社株を担保に銀行から融資を借り受けるなどして7億ドルの現金を手にしていると報じられている。ニューマン氏は、NYの高級住宅街である5番街に豪邸を購入する計画を以前から進めているが、その夢は叶えられそうにもないとニューヨーク・ポスト紙のPage Sixが報じている

同紙によると、ニューヨークで最も高級とされる地域のマンション自治会が、ニューマン氏とその妻による入居申し込みをことごとく却下しているという。

ニューマン氏は、5番街での住宅購入を進めているが、5番街の950番地と960番地など3件のビルの自治会が、彼らの入居を拒否したと報じられている。ニューマン夫妻は複数の不動産ブローカーを雇っており、WeWorkの商業不動産部門で責任者を務めていたマーク・ラピダス氏も雇って住宅の候補物件を探し回っているという。

しかし1人の市場関係者は、両夫妻の「金ピカ生活」を、彼らが手に入れることは永遠にないだろうと語った発言がニューヨーク・ポスト紙に引用されている:

ニューマンは5番街での金ピカ生活を希望しているが・・・しかし彼らの複数の不動産ブローカーが秘密裏にマンション自治会の会員らに電話したところ、彼らは全員ノーという回答だった。

マンション自治会のメンバーらは、ニューマン氏がCEOを辞任することになった彼の「突飛な」行動を問題視していると報じられている。先月、WeWorkの企業バリュエーションが坂道を転げるように急落した原因の一つは、ニューマン氏の度を越したパーティー好きにあると報じるメディアもある。

彼の「突飛な」行動の例として、彼が特別ジェット機で海外に行こうとした際、機内に大量のマリファナを持ち込んだことが、ジェット機の所有者を激怒させたことなども報じられている。ニューマン氏は、火星にWeWorkを建設したいという「夢」や、世界で初めて1兆ドル以上の資産を持つ「トリリオネアー」になると豪語していた。

Photo via WeWork Press Kit

2 thoughts on “WeWorkが早ければ今月から2000人の社員を解雇:ニューマン氏のNY5番街に豪邸を持つという夢もついえたか

コメントを残す

最新記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Loading
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。