オールドメディアが伝えない海外のニュース

ニューマン氏がWeWorkの取締役会から退任:見返りにSoftBankは約17億ドルを支払うとWSJ紙が報道

WeWork_Ark_Hills_South_Tokyo

昨日、WeWorkがJPモルガンからの融資提案を蹴るのではないか、そしてアダム・ニューマン氏にWeWorkの経営権を売却するようSoftBankが約2億ドルを提案しているという噂が報じられていたそして今日になり、その噂話が正しく確かなものであるとウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が報じた

しかし、ニューマン氏に支払われる金銭的な見返りが、当初報じられていた額より何倍も高額であることが判明した。昨日の時点で、SoftBankがニューマン氏に支払う金額は約2億ドルと報じられていたが、WSJ紙は、それが約17億ドルであると報じた。さらに、ニューマン氏が借り入れることができる融資として5億ドルの与信枠をSoftBankが提供することも含まれている。

さらに、ニューマン氏は9億7000万ドル分のWeWork株をSoftBankに売却することが予想されている(それは同氏が保有している同社株の約3分の1)。それだけではなく、SoftBankはニューマン氏にコンサルティング料として1億8500万ドルを支払う予定であるという。何のためのコンサルティング料なのか?会社の評判を落とし、破産寸前まで追い込んだことに対するコンサルティング料なのか?全くもって意味不明な支払いである。

SoftBankが経営権の過半数を取得すれば、まずはWeWorkの社員2000名程度を解雇すると言われており、彼ら彼女らはどのような気持ちでニューマン氏の退任劇を見ているのだろうか。

Photo via WeWork

【10月23日更新】

SoftBankは10月22日遅くに、WeWorkを救済するための正式な資金供給パッケージの内容を発表した。その要旨は以下の通り:

  • SoftBankは50億ドルの追加出資を行う。その内訳は、優先担保付き手形11億ドル、無担保手形22億ドル、そして信用状17億5000万ドル。
  • SoftBankはさらに1株19.19ドルで、合計30億ドル分の株式公開買付を行う。
  • また、すでに保有している15億ドル分の新株予約権の実行を加速させ、WeWorkの株式を1株11.60ドルでさらに買い増す。
  • SoftBankのビジョンファンドとWeWorkの間で各地に設立されたジョイントベンチャー事業(日本国内は除く)は、1株11.60ドルでWeWork株と交換される。
  • 親会社であるSoftBankおよびビジョンファンドは、すでに合わせて91億ドルをWeWorkに出資している。今回、新たに出資する資金は全てSoftBankからであり、ビジョンファンドからの追加資本はない。

【関連記事】

アダム・ニューマン氏にWeWorkを売却するようSoftBankが約2億ドルを提案

WeWorkはJPモルガンによる融資の提案を蹴った模様と報道

11 thoughts on “ニューマン氏がWeWorkの取締役会から退任:見返りにSoftBankは約17億ドルを支払うとWSJ紙が報道

コメントを残す

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

error: コンテンツは保護されています。