ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

YouTubeが大統領候補者のタルシー・ギャッバード議員のオフィシャル・チャンネルを検閲していたことが判明

Steven Crowder
【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/HXuGK (『https://』は省略可能です)

保守系コメンテーターであり、俳優やお笑い芸人でもあるスティーブン・クロウダー氏が、今月、YouTube(グーグル)がタルシー・ギャッバード議員の動画を検索結果の上位に表示させないようにしていた事実を突き止めたと発表した。

そのことを発表したクロウダー氏のツイート:

【訳】10月18日金曜にYouTubeで「タルシー・ギャッバード」と検索した結果。最初はアメリカ国内のIPアドレスを使って検索した。それからVPNを使ってスペインのIPアドレスを使って検索した。

スペインのIPアドレスを使ってYouTube上で動画を検索したところ、ギャッバード議員のオフィシャル・チャンネルの動画が最初に表示された。しかし、アメリカ国内のIPアドレスを使って同じように検索したところ、ギャッバード議員のオフィシャル・チャンネルが検索結果に表示されなくなった。クロウダー氏のチームは、彼のオフィシャルYouTubeの収益化が今年6月に停止されてしまって以降、YouTubeを細かくモニタリングしている。

クロウダー氏はまた、グーグルがアメリカの選挙に介入している問題について警鐘を鳴らす動画を投稿している(以下の動画)。その中で、特にグーグルがギャッバード議員を検閲対象にしていることを指摘している。クロウダー氏は、ギャッバード議員の政治的見解を好きではないとしつつ、発言の自由については例外なく支援していると語っている。

その金曜、ツイッターで検索すると(タルシー・ギャッバードが)トレンドの最上位だった。しかしそれが突然(誰かの指先による操作で)、バルブ調整が行われ、アメリカ国内という場所においてだけ彼女を見つけられないという状況が発生している。もしあなたがドイツやスペインにいるのなら検索結果に彼女の動画を見つけられる。しかしアメリカにいたら、彼女について何も検索結果に表示されない。

それと同じ週、ヒラリー・クリントンがギャッバード議員のことを「ロシアのスパイ」とウェッブ番組で発言し、それが全米ニュースとして各メディアを賑わせていた。しかしその報道が収まってきたその週末の日曜までに、タルシー・ギャッバード議員のオフィシャル・チャンネルは正常に表示されるようになったとクロウダー氏は指摘している。

グーグルは、おそらくいつも通り疑惑を否定する回答をするだろうとクロウダー氏は予想している。「検索アルゴリズムは、個別のユーザに合わせてカスタマイズされています」と。そこで、クロウダー氏は、アメリカ大統領に立候補している人物のYouTubeチャンネルを検閲しブロックすることが、どう解釈すればユーザの利便性を高めると言えるのか?と疑問を呈している。

私、株主、そしておそらく連邦議会公聴会に対しても、どうか説明して欲しい。あなたたち(グーグルは)なぜ、アメリカ大統領選挙の候補者を、彼女が立候補しているアメリカという国においてだけ、そのコンテンツをユーザに表示せずにブロックすることがこの上なく正しいこだと信じているのか?

タルシー・ギャッバード議員は、第1回目の民主党テレビ討論会に登壇した日の夜、彼女の名前がグーグル上で最も検索された名前となった際、彼女の選挙キャンペーンの資金集めのために開設されていたグーグル広告の口座が突然凍結されるという事態にも見舞われている。この件に関して、ギャッバード議員はすでにグーグルに対して訴訟を準備している。

Photo via Steven Crowder’s Official Twitter

【関連記事】

ヒラリー・クリントンが大統領候補者タルシー・ギャッバードに対して「ロシアのスパイ」と陰謀論を発言:両者の間でツイッター戦争に発展

グーグルが大統領選挙に介入か − 「トランプ再選を阻止している」エンジニアが内部告発

【大統領選挙介入事件】グーグル幹部への覆面調査

トランプ大統領「グーグルは起訴されるべき」とツイート

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。