ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

「汗だく」になったアンドルー王子の写真が拡散:王子がBBCと行なったインタビューの信憑性が根底から揺らぐ

Prince Andrew
この記事をシェアする

未成年を含む女性に対する性犯罪で有罪となったエプスティーンと親交を深めていた英国王室のアンドルー王子が、自身も未成年者との性行為に関与した疑惑を釈明するために先週末、BBCとの独占インタビューに応じた。しかしここで報じた通り、その内容は惨憺たるもので、疑惑は払拭されるどころかますます深まり、王室のイメージが一層傷つく結果となった。

 

BBCとのインタビューの中で、当時17歳の未成年だったバージニア・ジフレさんが王子と性的関係を持ったと主張していることに対して、アンドルー王子は次のように語っていた。

 

アンドルー王子は、ジフレさんが王子と会った時の様子について「(王子は)過度に汗をかいていた」と語っていたのは間違いであると語っている。というのも、当時、彼はとある疾患によって汗をかけない状態にあったためと語った:

 

「私は当時、フォークランド紛争の中で銃で撃たれたと表現するような、アドレナリンを過剰摂取した状態を患っていたため、汗をかける状態ではなかったのです・・・私は単に・・・私が汗をかくことはほぼ不可能だったのです。

 

しかし数多くのこと(治療)を最近行ってきたおかげで、汗をふたたびかくことができるようになってきています」。

 

この発言部分を報じるBBCのツイッター投稿:

 

しかし、ジフレさんがアンドルー王子と性的関係を持ったと主張している同時期の他の写真から、アンドルー王子が大量の汗をかいている様子を写した写真がいくつも見つかっている。イギリスのDaily Mail紙も、アンドルー王子の証言を覆す写真を掲載した。

 

【訳】私はナイトクラブでダンスしたことなど記憶にない。私は自宅にいた。それは鮮明に覚えている。また、私は汗をかかない。

 

【訳】ほらここに彼がいる。タキシードを着た小児性愛者のように汗をかいている。

 

BBCとのインタビューの中で、アンドルー王子はジフレさんの腰に腕を回して写っている写真について質問されると、それは加工された偽物の写真である可能性を指摘した。その理由として、アンドルー王子が公の場で身体的な親密性を表す行為をすることはめったにないためと語った。しかし、その証言を覆す写真が次々とインターネット上に投稿されている:

 

【訳】アンドルー王子が行なったインタビューが大惨事に終わったことについて、私はまだ信じられない。私は汗をかかず、パーティーにも行かず、公の場で愛情表現を行わない(と彼は言った)。

 

【訳】アンドルー王子は次のように語った:

 

・パーティーには行かない

・汗をかかない

・公の写真を撮ることに彼は慎重である

・バージニア・ロバーツ・ジフレさんと会ったことも写真を撮ったことも覚えていない

 

大多数の人々が、アンドルー王子のテレビ・インタビューは広報戦略上の大失敗であり、このインタビューにより、アンドルー王子はますます有罪に見える結果となったという意見で一致している。

 

Photo via BBC’s Official Twitter 

 

 

【関連記事】

英国アンドルー王子がBBCに出演しエプスティーンとの交友関係について弁明:ダイアナ妃の交通事故死以来、英国王室にとって広報戦略上「大惨事の失敗」

【連載】エプスティーン事件Part 1:司法と政界を揺るがす全米史上最大のスキャンダルに発展か

エプスティーンは自殺ではなく殺害された可能性あり:司法解剖で新事実が明らかに

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。