オールドメディアが伝えない海外のニュース

ジュリアーニ氏、ウクライナ汚職は「オバマ政権の最上位」から起きていたと語る:ペロシ下院議長の息子もウクライナのエネルギー事業に関わっていたことが判明

ジュリアーニ氏、ウクライナ汚職は「オバマ政権の最上位」から起きていたと語る:喜んで議会証言を行い、本件を裁判にかけたいとも発言

ジュリアーニ氏 - Screenshot via FOX

元ニューヨーク市市長で、現在トランプ大統領の個人弁護士であるジュリアーニ氏は、フロリダ州にあるトランプ大統領の邸宅マー・ア・ラーゴで開かれた昨年大晦日のパーティーに参加した際、FOXニュースのインタビューに答え、トランプ大統領に対する上院での弾劾裁判において喜んで証言するつもりだと発言した。

 

さらに、「オバマ政権の最上位」が関与する「一連の犯罪行為」について、その大枠を説明するために喜んで「証明を行う」とも語った。人々が「正気を取り戻して落ち着き、このことを丁寧に観察すれば」、トランプへの弾劾を強引に推し進めてきた民主党のアダム・シフ議員とナンシー・ペロシ下院議長は、ジョセフ・マッカーシー(*)と同じように歴史にその汚名が刻まれることになるだろうとも語った。

 

(*)マッカーシーとそのスタッフは、「マッカーシズム」と呼ばれたアメリカ合衆国政府と娯楽産業における共産党員と、共産党員と疑われた者への攻撃的非難行動で知られる。引用元:ジョセフ・マッカーシー 

 

 

このインタビューの中でジュリアーニ氏は次のように語っている:

 

私が知ったことは、ウクライナにおける汚職は非常に巨大であるということだ。非常に広範囲にわたっている。それは2016年だけではなく長年にわたって行われ、民主党が大いに関与している。・・・

 

ウクライナで起きていることの全容が明るみに出れば、この汚職に関与した数多くのアメリカ人がいることが判明する・・・バイデン親子はウクライナから資金洗浄された数百万ドルの資金を受け取っていた。彼らがその罪から逃れられる唯一の理由は、君たち報道機関が彼らを守っているからだ・・・。

 

 

ジュリアーニ氏が独自調査で何を発見したのか質問されると、同氏は次のように語った:

 

適切な公共の場所(公開討論会や法廷)が与えられるまで、私が発見したことについて語るつもりはない・・・しかしその内容は壊滅的なものだ・・・私たちは適切な公共の場所を見つけるつもりだ。・・・

 

これ(ウクライナ汚職)は拡大している。これは一連の犯罪行為であることが判明するだろう。これはオバマ政権の最上位の人間が関わっている。民主党がパニックに陥っている理由はこれが原因だ。・・・

 

私は証言を行ってもいい。証明を行ってもいい。私は講義を行い、(ウクライナ疑惑の)概要を説明した最終弁論を行ってもいい。もしくは、私が最も得意とすることである裁判にこの案件をかけて審理してもいい・・・(笑顔を浮かべながら)私は喜んでこの事案を裁判にかけてもいい。もし私が裁判にかけることを許されるなら、恐喝事件として本件を訴追するだろう。(恐喝事件への訴追は)私がある意味、発明したようなものだ(**)

 

(**)ジュリアーニ氏は、ニューヨーク州の検察官時代に、マフィアであるガンビーノ一家のボスたちを起訴し有罪に持ち込んだ実績がある。

 

以下はこのインタビューの様子を報じる動画(関連箇所は開始3:15から):

 

 

* * *

 

一方、下院議長であるナンシー・ペロシ(カリフォルニア州選出、民主党)の息子、ポール・ペロシ・ジュニアについてもウクライナ企業との利害関係があるとトランプ大統領がツイートして話題となっている。

 

【訳】ワオー、クレイジーなナンシー、何が起こっているんだ?これは重大なことだ!

 

ナンシー・ペロシ議員が、女性初の下院議長に就任してまもなくして、彼女の息子ポールはアメリカ企業のInfoUSAの戦略企画担当バイスプレジデントに就任し年間18万ドルの報酬を受け取っていることが報じられているほか、ポールはエネルギー企業の役員にも就任している。InfoUSAは、高齢者をターゲットにした詐欺集団にマーケティング・リスト(個人情報リスト)を提供していた企業とニューヨークタイムズ紙が報じている

 

【訳】ボム(爆発音):ナンシー・ペロシの息子、ポール・ペロシ・ジュニアは(2017年にウクライナを訪れ)、Viscoil社の役員に就任していたほか、同社と関係したNRGLabという会社の幹部にも就任していた。NRGLabは、ウクライナにおけるエネルギー事業を行っていた!

 

そしてナンシー・ペロシは同社のPR動画に出演していた!

 

 

【訳】@oann は、民主党のドブネズミたちと彼らとウクライナの関係を暴露した。ジョーとハンター(バイデン親子)、そしてナンシーとポール(ペロシ親子);家族ビジネスが行われているようだ。

 

ナンシー・ペロシ下院議長は、同社のPR動画にも出演している:

 

 

【訳】これはNRGLabが同じ日に投稿した別の動画であり、(上の)YouTube動画の説明部分に書かれている同社がウクライナでエネルギー事業を展開しているという内容を再確認している:「例えば、マイカ・ニュートンは、ウクライナでSH-boxes(発電機)の生産を行うための工場建設にかかわる権利を手に入れることに貢献した」

 

ペロシ親子については、ウクライナ関連のビジネスで違法行為が行われたという疑惑は報じられておらず、また、バイデン副大統領がウクライナ政府にかけたような政治的圧力が(ペロシ下院議長によって)かけられたとも報じられてはいない。しかし、民主党の有力議員たちとその家族が、ウクライナの利権に深く関わっていることが改めて明らかとなっている。

 

ウクライナが、突然、アメリカにとっての戦略的同盟国になった理由や、民主党がウクライナがかかわる汚職疑惑については一向に追及せず、無理筋なトランプ弾劾を強行に推し進めている理由がこうした周辺事実から透けて見えてくる。

 

【関連記事】

バイデン副大統領とオバマ大統領との「つながり」を示す証拠があるとジュリアーニ氏がテレビで語る

ジョー・バイデン元副大統領が「ブリズマ社から個人的に90万ドルを受け取っていた」とウクライナの国会議員が認める発言を行う

ウクライナの国会議員が記者会見で発表:オバマ政権が関わる74億ドルの資金洗浄が行われ、バイデンたちは1650万ドルを受け取った

米国務省がバイデン氏らによるウクライナ汚職に関する詳細情報を公開

コメントを残す

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。