オールドメディアが伝えない海外のニュース

武漢に突貫工事で新設された病院で大量の水漏れが発生

武漢に突貫工事で新設された病院がすでに崩壊の危機

Screenshot via Twitter

武漢ウィルス(COVID-19)の大流行が起きている武漢で、大量に発生している感染者を収容するため1000床を備える「病院」がわずか1週間程度の突貫工事で建設された。約13日前である2月3日前後にオープンしたこの「病院」(実質上の収容施設)で、さっそく大規模な水漏れが起きているとハリー・チェン博士が土曜にツイートした。

【訳】5日間で建設された病院で水漏れが起きている!少しではない・・・たくさんだ!

内情を伝えるスクープ!

チェン博士は、さらに天井から感染者が使うベッドに水漏れしている動画を投稿している。

武漢に新たに建設された2つの「病院」について、中国共産党は大々的に西側メディアに報道し、中国共産党が全力で流行病への対処を行っているというプロパガンダを行っていたが、それも所詮、「張りぼての虎」であったことがさっそく露呈している。

この病院の建設風景を捉えたタイムラプス動画:

【関連記事】

武漢の病院で勤務する医療スタッフの多くが新型コロナウィルスに感染しているとハーバード大学の伝染病学者が警告

コメントを残す

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

error: コンテンツは保護されています。