オールドメディアが伝えない海外のニュース

共産党が北京を武漢と同じ防疫レベルに都市封鎖するとEpoch Timesの記者が報じる

共産党が北京を武漢と同じ防疫レベルに都市封鎖するとEpoch Timesの記者が報じる

Screenshot via Global Times

北京の共産党員たちは、北京での防疫を「武漢レベル」にするという情報があるとEpoch Timesの記者が報じた。ただしこれは未確認情報であると前置きしている。「武漢レベル」とは、完全な都市封鎖であり、住民は特別な許可がなければ外出できないことを意味する。

以下がEpoch Timesの記者ジェニファー・ゼン氏によるツイート:

【訳】2つの情報ソースから同じことを聞いた(私はこれについて独自に確認できていない)。北京当局がなんらかの会合を開き、新型コロナウィルス(COVID-19)の制限レベルを武漢レベルに引き上げるつもりだという。人々は、食糧、水、バッテリーを購入し備蓄するように言われた。

また別のツイートでは、北京にある集合アパートで新たな制限が加えられたと報じている:

【訳】武漢でのウィルスの感染拡大は収束していると思うか?現地ではそのような雰囲気ではない。私の北京にある集合アパートでは、たった今、新たな規則を制定し、居住者ではない人たち(訪問者)を立入禁止にした。アパートに出入りするには、特別な許可証が必要となる。1軒のアパートにつき三枚の許可証しか与えられていない。4人の家族には辛い。でもどうしようもない。

【2月21日追加ツイート】

【訳】北京でコロナウィルスのミニ・アウトブレイクが恐怖を高めている。中国の首都にある2つの病院でクラスター感染が特定された。首都には財務省、中央銀行、金融機関など政府機関が集中している。都市における「感染の密度」は武漢よりも「低い」と国営メディアは報じている。

中国共産党のプロパガンダ機関紙、環球時報の英語版であるGlobal Timesは、今週木曜、北京中心部にあるフーシン病院で新たに36人の武漢コロナウィルスの感染が確認されたと報じた。この急激な増加により、北京における感染者数の合計は45人となった。これにより、北京市内で爆発的な感染拡大が起きるのではないかという恐怖心が市民の間で加速する可能性がある。中国政府が発表する感染者数はゼロが1つか2つ少ないと言われていることから、実際の北京市内の感染者数は500人以上になっている可能性がある。

このニュースが引き金となり、北京を武漢の防疫レベルに引き上げる決断を共産党が下した可能性がある。

このフーシン病院で新たに感染した36人の内訳は、8人の医療従事者、9人の清掃人、そして19人の患者とその家族である。

北京政府当局は、この病院すべての病棟・ビル群を隔離したと報じられている。

「フーシン病院で36人の感染者が確認されたことを考えると、この地区で感染が流行したというよりも、1箇所で複数の感染が発生していると言える」と北京大学第1病院の呼吸器・救命医療科のディレクター、ワン・グアンファ氏は語った。

また、(米国の特に債権投資会社として有名な)PIMCOで創設者ビル・グロスの元右腕であったモハンマド・エルエリアン氏(現在はPIMCOの親会社Allianzで勤務する有名エコノミスト)は、「このコロナウィルスは大きな問題だ。多くの企業が影響を受ける。このウィルスがサプライ・サイドにどれほど大きなショックをもたらすか、企業はこれまで甘く見ていたと私は思う」と語った。

北京にある別の大病院、北京大学人民病院は、今週初めの2月17日、このウィルスに感染した3人の患者を引き受けたことを認めている。この病院では、すでに合計164名の医療従事者が感染者と「濃厚接触」したため、厳重な医療的観察下に置かれている。同病院は、勤務する251人の医療従事者たちに対してコロナウィルスの検査を行なっているが、全員が陰性という結果となっている。

Epoch Timesのジェニファー・ゼン記者は以下のツイートも行なっている:

【訳】このビラは、山東省にあるジニン刑務所の囚人が、彼の息子により感染してしまい、彼から刑務所の全員に感染が広がってしまったと書いている。この通告は、ルシン刑務所、レンチェン刑務所、リーヤン電子工場へ行ったことがある人たちに自身を隔離するよう要請している。

* * *

イランのゴム市では、今週初め、新型コロナウィルスの簡易検査で陽性と出ていた2人のイラン人が同市内で死亡し世界を震撼させている。しかもイランの国営ニュース機関IRNAは、彼らが死亡する前、海外への渡航歴がなくゴム市からすら出ていなかったと報じている。ただし、イラン保健省の広報官であるキアヌシュ・ジャハンプール氏は、彼らは「高齢で免疫システムが不全」であったため死亡したとツイートしている。

イランでは現在、死亡した2人とは別に、新型コロナウィルスの感染者が新たに3人見つかったとワシントンポスト紙が報じている。また、死亡した2人が搬送された病院では、25人が新型コロナウィルスに感染している可能性があるとして隔離されているとBBCペルシャが報じている

イランのゴム市では、中国スタイルの強硬策が行われていると報じられており、群衆整理を行うため市内全域に軍隊と警官が配備されているという。

* * *

ふたたび中国国内の状況を見てみると、CNBCの中国特派員ユニ・スユーン記者は、北京当局が湖北省に対して3月10日までは人々を仕事に復帰させないよう警告したと報じている:

【訳】湖北省は、同省の企業に対して3月10日の終わりまで業務を再開しないよう通達した。学校はさらなる通知があるまで再開しない。

【訳】コロナウィルスは1月と2月の消費に影響を与えていると中国商務部の役人は語っている。第2四半期には消費は回復モードになり、今年前半にはさらに回復すると期待している。最もダメージを受ける産業は?飲食業、宿泊、観光、文化、娯楽。

一方、昨晩、中国政府当局が発表した新たな感染者数が減少したのは、公衆衛生当局が感染者数のカウント方法を再び変更、「臨床的に診断された」武漢コロナウィルスの感染者をカウントしなくなったためである(以下のグラフのオレンジ色が中国国内の感染者数)。あくまで検査が行われ陽性の結果が出た感染者数だけがカウントされるように変更されている。

中国政府はここまであからさまな感染者数の操作を行なっているにもかかわらず、日本のマスコミやネットで中国政府による「公式データ」を疑わず、このグラフを元に感染が収束していると語る人がいるとすれば、それは救いようがない情報弱者か中国政府に忖度するというバイアスがかかった人だろう。

新型コロナウィルスの感染者数の推移

(グラフ出所:中国・各国政府の公式発表データを元にジョンズ・ホプキンス大学が作成

【追加情報】米国務省(日本の外務省に相当)および米疾病管理センター(CDC)は、日本で市中感染が広がっていることやダイヤモンド・プリンセスでの感染が拡大していることを受けて、日本への渡航注意喚起を行なった。

【訳】米国国民は、東アジアおよびアジア太平洋地域へのクルーズ旅行を再検討するべきである。COVID-19を引き起こす新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、多くの国々は厳しいスクリーニング政策を導入している。さらなる情報はここを参照:https://t.co/00DS0YyAxv

【関連記事】

武漢ウィルスの感染者数および死者数が激増:中国政府が公式発表データのカウント方法を変更

2 thoughts on “共産党が北京を武漢と同じ防疫レベルに都市封鎖するとEpoch Timesの記者が報じる

コメントを残す

最新記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。