オールドメディアが伝えない海外のニュース

WHOが命名した『COVID-19』は新型コロナウィルスそのものの名称ではない

WHOが命名した『COVID-19』は新型コロナウィルスそのものの名称ではない

SARS-CoV-2 (Photo via Flickr)

日本で感染ルートが不明の市中感染が広がり始め、さらにダイヤモンド・プリンセスの乗客・乗員の間で爆発的な感染拡大が起きたことを受けて、米国務省は「渡航注意」を意味するレベル1に日本を指定した。

さらに米国務省は以下のツイートを発信している:

【訳】米国国民は、東アジアおよびアジア太平洋地域へのクルーズ旅行を検討し直すべきである。COVID-19を引き起こす新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、多くの国々は厳しいスクリーニング政策を導入している。さらなる情報はここを参照:https://t.co/00DS0YyAxv (太字強調は訳者)

この国務省のツイートで注目すべきは太字部分だ。世界保健機関(WHO)が新たに命名した『COVID-19』は、この新型コロナウィルスに対する名称であると思い込んでいる人も多いだろうが、これはあくまでこのウィルスが引き起こす病気(肺炎等の呼吸器疾患)に対する名前にしかすぎない。この新型コロナウィルスそのものの学術名は『SARS-CoV-2』である

米国務省は、国民に対する渡航注意ツイートの中で正しく「COVID-19を引き起こす新型コロナウィルス」と記している。

米疾病管理センター(CDC)も2月20日に発表した声明で次のように記している

【訳】CDCは中国湖北省武漢市で最初に特定された、現在も拡散中の新型コロナウィルスが引き起こす呼吸器疾患の大流行を注意して見守っている。2020年2月11日、WHOはこの疾患をコロナウィルス病2019(「COVID-19」と略される)と命名した。(太字強調は訳者)

【原文】CDC is closely monitoring an outbreak of respiratory disease caused by a novel (new) coronavirus that was first detected in Wuhan City, Hubei Province, China and which continues to expand. On February 11, 2020, the World Health Organization named the disease coronavirus disease 2019 (abbreviated “COVID-19”).

【関連記事】

共産党が北京を武漢と同じ防疫レベルに都市封鎖するとEpoch Timesの記者が報じる

コメントを残す

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

error: コンテンツは保護されています。