ニュースレター登録

オールドメディアが伝えない海外のニュース

「民主党はバーニー・サンダーズを引きずり下ろすことにした」とトランプ大統領がツイート:ブテジェッジ元市長とクロブシャー上院議員らが立て続けに選挙戦を離脱

「民主党はバーニー・サンダーズを引きずり下ろすことにした」とトランプ大統領がツイート:ブテジェッジ元市長とクロブシャー上院議員らが立て続けに選挙戦を離脱

ピート・ブテジェッジ氏(Photo via Flickr)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/vOIaR (『https://』は省略可能です)

アイオワ州の民主党予備選挙で1位の得票率を獲得していたピート・ブテジェッジ元市長が、大統領選挙戦から離脱すると米国現地時間の日曜夜に速報が流れた。これを受けてトランプ大統領はさっそくツイッターにメッセージを投稿し、「これは民主党がバーニー・サンダースを引きずり下ろそうとする動きの本当の始まりだ」とつぶやいた。

 

【訳】ピート・プテジェッジが撤退した。彼が獲得するはずだったスーパー・チューズデー(*)の票はすべて居眠りジョー・バイデン(Sleepy Joe Biden)へ行くだろう。優れたタイミングだ。これは民主党がバーニー・サンダースを引きずり下ろそうとする動きの本当の始まりだ。

 

 

(*)スーパー・チューズデー (Super Tuesday) とは、アメリカ合衆国において、大統領選挙がある年の2月または3月初旬の一つの火曜日を通常さす。その日は多くの州で同時に予備選挙・党員集会(以下、しばしば予備選挙として総称)が開催され、一日で最大の代議員を獲得することができる日である。そのため、各候補は自党の大統領候補としての指名を確保するためには、この日を上手く乗り切る必要がある。−WikiPedia

 

さらに本日、トランプ大統領は次のツイートを投稿している:

【訳】彼ら(民主党)は、バーニーに対するクーデターを仕掛けている!

 

トランプ大統領のツイートに、バーニー・サンダース自身も賛同しているようだ。ABC Newsとのインタビューの中で、サンダース議員は次のように語っている:

 

彼ら(民主党の中の人間)は、労働者たちが立ち上がっていることに本当にナーバスになっている・・・(2020年の大統領選挙から中道派が次々と撤退する中、私を)止めようとする巨大な力が働いている。

 

ブティジェッジ氏が選挙戦を離脱するという報道が流れた前日、同じく民主党から立候補していた富豪のトム・ステイヤー氏が大統領選からの離脱を表明していた。

 

【訳】(ブティジェッジ氏の)選挙陣営は、ピート・ブティジェッジ氏が彼の選挙キャンペーンを今晩停止すると語った。

 

 

初戦のアイオワ州ではバーニー・サンダーズ氏に僅差で勝ち1位の得票数を獲得したブティジェッジ氏だったが、黒人が多いサウスカロライナ州の予備選挙で得票数がふるわなかったことが、選挙戦から撤退する決定的な要因になった。ブティジェッジ氏は、地元インディアナ州サウスベント市へ戻る帰路についており、今晩遅くに選挙からの撤退を公式に発表するためのテレビ記者会見を開く予定であると報じられている。

 

そしてブティジェッジ氏の選挙戦離脱が報じられた翌日、エイミー・クロブシャー上院議員も大統領選挙から撤退することが報じられた。それと同時に、クロブシャー氏はジョー・バイデン氏を推薦するとも発表した。この速報が流れた後、ブティジェッジ氏もまたジョー・バイデン氏を推薦すると報じられている。

 

トランプ大統領が昨晩予言した通り、民主党からの立候補者がスーパー・チューズデーを前日に控え、次々と選挙戦を撤退し一致団結してジョー・バイデン氏を推薦する動きを見せている。スーパー・チューズデーを前に、マイケル・ブルームバーグ氏も選挙戦から撤退するだろうか?と勘ぐる人たちも出始めている。

 

先週火曜、サウスカロライナ州で開かれた民主党立候補者たちによるテレビ討論会で、ブティジェッジ氏は次のように警告していた。現在民主党候補者の中でトップを走るバーニー・サンダース上院議員を民主党からの候補者として指名することは、今秋の大統領選挙で民主党が(トランプに)惨敗するだけでなく、下院で民主党が最大多数派政党であるという状況をも失うと。

 

前回の2016年の大統領選挙でも民主党から立候補していたバーニー・サンダース上院議員は、ヒラリー・クリントン候補との一騎討ちに負け離脱していた。民主党の中には社会主義的な政策を掲げるバーニー・サンダース候補は民主党から立候補すべきではないと考える人たちもいる。そうした民主党内部の政治闘争がいままさに起きており、トランプ大統領がツイートしたように民主党内部で「バーニー・サンダーズ下ろし」が始まったようだ。

 

現在、民主党の候補者選びを予想するブックメーカー(以下)によると、1位はバーニー・サンダース氏、2位はジョー・バイデン氏、3位マイケル・ブルームバーグ氏、そして4位に立候補すら表明していないヒラリー・クリントン氏の名前があがっている。

 

 

【追加情報】

 

選挙遊説先のテキサス州ダラスで、ジョー・バイデン氏と共にレストランへ入るブテジェッジ氏の姿が目撃されている。バイデン氏が、ブテジェッジ氏を副大統領候補に選ぶのではないかという声が高まっている。

そしてそのダラスで、バイデン氏を横に彼を推薦する演説を行うブテジェッジ氏:

【訳】「私は喜んでジョー・バイデン氏を推薦し支持する」とバイデンと共にダラスで語るブテジェッジ

 

さらに、民主党候補者として早期に撤退していたテキサス州のベト・オルーク元下院議員も、ジョー・バイデン氏を支持する表明を今週月曜夜に行なったとニューヨークタイムズ紙が報じている

 

【3月15日更新】

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。