最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

イタリアとフランスのデータでは若者の間で感染率が異常に高く若者もICU治療が必要なケースがあると米政権のデボラ・バークス医師が注意喚起:米CDCはアメリカ国内の感染者に占める世代別死亡率を発表

イタリアとフランスのデータでは若者の間で感染率が異常に高く若者もICU治療が必要なケースがある:米政権のデボラ・バークス医師が注意喚起

デボラ・バークス医師(Screenshot via CNBC)

ホワイトハウスの「コロナウィルス対策チーム」のメンバーであるデボラ・バークス医師(冒頭の写真)は、現地時間の今週水曜に開いた記者会見で、当初考えられていたよりも多数のミレニアル世代(*1)の若者が深刻な症状に陥る場合があることがわかってきたと語り、若者にも外出を控え自宅待機を行うよう促した

(*1)ミレニアル世代とは「ジェネレーションY」とも呼ばれ、1980年代初期から2000年代初期にかけて生まれた世代のこと。だいたい20歳〜40歳までの世代。(参考資料

<記者会見の全編動画>

* * *

バークス医師は次のように語っている

我々は毎日データをチェックしている。フランスとイタリアから懸念すべき報告が続々と行われている。若者の中にも深刻な症状に陥り、非常に深刻な症状でICUに搬送されるケースがある

こうした事態が起きている一部の理由は、高齢者や持病がある人たちに特にリスクがあるとする、中国そして韓国から報じられた初期のデータに人々が耳を傾けたせいであると我々は考えている。

我が国の中で最大の人口グループとなるミレニアル世代、彼らは我が国の将来を担う世代であり、この先何十年にもわたって生き残っていく世代であるが、この年齢層の間で感染率が異常に高くなる可能性がある

そのため、それ(深刻な症状に陥ること)は稀なことかもしれないが、この年齢層の中でそれがより頻繁に発生する可能性があり、それは現在証明されている。

子供たちの間で死亡率が深刻に高いということは確認されていないが、イタリアとフランスから出てくる初期の報告について我々は懸念している

そのため、繰り返しになるが、私はこの世代に注意を呼びかける・・・政府のガイダンスに書かれていることに耳を傾けるだけでなく、確実にあなた方個人が、互いに互いを守るよう要請する。我々は全米でこのように多くの人々が集まっている状況(*2)を許容することはできない。

(*2)全米の大学が閉鎖されたり春休みが前倒しで開始されたことで、大学生や同世代の若者たちが「スプリング・ブレーカー(春休みを満喫する若者)」となりフロリダやテキサスなど温暖な地域の海岸に集まりパーティーを繰り広げていることを指している。批判を受けているフロリダ州は、ようやく一部ビーチを閉鎖する決定を下しているが、同州のクリアウォーター市議会は閉鎖時期を来週月曜にまで遅らせると決議している

これは世界でパンデミック宣言が発表され、アメリカ政府が国家非常事態宣言を出している中、フロリダのビーチでパーティーに明け暮れる若者たちを報じるニュース:

* * *

一方、米疾病管理センター(CDC)は、このホワイトハウスでの記者会見が行われたのと同じ3月18日、米国内で新型コロナウィルス(武漢ウィルス)に感染して深刻な症状に陥った患者に関する統計データを発表した

COVID-19の感染者の間で起きた深刻な結果−米国、2020212日〜316

サマリー

本件について既に判明していることは何か?

中国からの初期データでは、COVID-19による死者の大多数が、60歳以上の成人および深刻な健康上の問題を抱えた人たちに発生しているということである。

本レポートで新たに加えられることは何か?

米国におけるCOVID-19の患者たちのデータから得られた結果について、最初の予備的報告では、死亡率が最も高いのは85歳以上の人たちで死亡率は10%〜27%となっている。続いて65歳〜84歳の人たちの3%〜11%、55歳〜64歳の人たちの1%〜3%、20歳〜54歳の1%未満、そして19歳以下では死亡したケースはない

<アメリカの感染者における世代別死亡率>

85歳以上: 10%〜27
65歳〜84歳: 3%〜11
55歳〜64歳: 1%〜3
20歳〜54歳: 1%未満
19歳以下: 0人

公衆衛生活動に対する示唆は何か?

COVID-19は、特により高齢の人たちの間で、入院やICUでの治療、そして死を含む、深刻な病という結果を招く可能性がある。誰もがCOVID-19の感染スピードを低くすることに貢献し、より高齢の人たちを病気から守るために社会的距離を取るというような行動を起こすことができる。

そしてこのCDCの報告書でも、アメリカのミレニアル世代で症状が深刻化するケースが少なくないことが指摘されている。20歳〜44歳の感染者のうち、症状が深刻化し入院したのは最大20%(5人に1人)にのぼる。この世代の感染者の中で、ICUでの集中治療が必要となったのは2%〜4%と報告されている。

【関連ツイート】

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。