オールドメディアが伝えない海外のニュース

FOX Newsが新型コロナウイルスの起源は武漢の研究所であると報じる

FOX Newsが新型コロナウイルスは武漢の研究所が起源だと報じる

4月15日ホワイトハウスで記者の質問に答えるトランプ大統領(Screenshot via Twitter)

アメリカのFOX Newsは、4月15日(水曜)、新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所が起源だ報じた。また、最初の感染者(”patient zero”)はこの研究所の研究員であり、この人物から市中に感染が広がったとも報じた。

「チャイナ政府が行った初期対応の詳細について説明を受けた複数の人物」によると、最初のウイルスの感染はコウモリから人で起き、主流メディアが拡散してきた武漢の海鮮市場が起源であるという「公式報道」は、チャイナ当局者たちが責任の矛先を研究所から逸らすために行った隠蔽工作だったとFOX Newsが報じた。また、チャイナのプロパガンダ工作が米国とイタリアをターゲットに展開されたのも、隠蔽工作の一環であったと報じた。

FOX Newsは、チャイナの武漢ウイルス研究所ではこのCOVID-19ウイルスを「生物兵器として研究していたわけではなく、チャイナでこうしたウイルスを特定し対処する能力が米国の能力と同等かまたはそれ以上であることを誇示する一環であった」と報じている。

今回FOX Newsが行った報道は、武漢ウイルスがあくまで研究所から事故で漏洩したということ、そしてそもそもこのウイルスを研究していたのは米国との競争の一環だったというストーリーを新たな「公式見解」にしようとしているようだ。

今週火曜、ワシントンポスト紙は、米国務省が2018年時点で在中・米国大使館から、武漢ウイルス研究所がコウモリのコロナウイルスについて「危険な研究」を行っており、その安全性が不十分であると警告する2本の公電を受診していたことを報じている。また、同記事は、「米国政府内部において、この研究所もしくは武漢にあるもう一つの研究所がこのウイルスの起源であるか否かについて(過去2ヶ月間)議論を巻き起こしている」とも報じている。

このワシントンポスト紙の報道に対して、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は、COVID-19が武漢の研究所が由来であるという説について「深い興味」を持っているが、「確実に把握していることはない」とも語っている。

今週火曜、ホワイトハウスで開かれた記者会見の席で、FOX Newsの記者がトランプ大統領に対して質問を行い、米国政府がこのウイルスが武漢ウイルス研究所から漏洩した可能性について検討しているかと質問した。

トランプ大統領は以下のように反応している。

我々はこの報道についてますます耳にするようになっている・・・我々は、この起きてしまった恐ろしい状況について、徹底した検証を行なっている。

この回答に対して、記者は続けて次の質問を行った:

この研究所の安全性プロトコルがゆるかったことについて、彼(習近平)と話をしたことはありますか?

これに対してトランプ大統領は次のように答えている:

私が彼と、この研究所について何を議論したかについては話したくない。それについては話したくない。

以下はその時の記者会見でのやりとりを収めた動画:

【訳】このウイルスが自然発生したものではあるが、武漢の研究所が起源だとする報道に対するトランプの反応:

「それについて話したくない・・・しかしその報道についてますます我々は耳にするようになっていると言えるだろう・・・我々は徹底した検証を行なっている最中である」。

さらにFOX Newsは、中共政府が、検体を破棄し、汚染された場所を洗浄し、学術研究論文を撤回させるなどして、「100%」データを隠蔽し改竄したとも報じている。

「このウイルスの感染拡大や、人から人へ感染する伝染性について警告していた医師やジャーナリストたちは「消息不明」となっている。チャイナは、武漢から国内のその他地域への移動をすぐさま封鎖した。しかし武漢から海外へ出発するフライトについては停止しなかった。

さらに、情報源の人物らはFOX Newsに対して、当初からWHOがチャイナによる証拠隠しを手伝うことに加担したとも語っている-Fox News

これまで武漢の研究所からウイルスが漏れたという説をツイートするアカウントを利用停止にしてきたツイッター社に対して、米連邦通信委員会(FCC)のブレンダン・カー委員長は次の皮肉混じりのツイートを投稿している:

【訳】この(FOX Newsの)記事を投稿すると、ツイッター社によって利用停止にされるかもしれないということを私は知っている。

【関連記事】

米国務省の公電記録から米政府は2018年に警告を受け取っていたことが判明:コウモリを宿主とするコロナウイルスを研究している武漢研究所には安全性の問題がある−ワシントンポスト紙

ツイッター社はスティーブ・バノンが司会を務める番組「作戦司令室:パンデミック(War Room: Pandemic)」のツイッター・アカウントをバン(利用停止)。しかしその後アカウントは説明なく再び回復

コメントを残す

最新記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Loading
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。