オールドメディアが伝えない海外のニュース

【動画】ビル・ゲイツ氏による世界の人口をコントロールしようとする計略を指摘する動画3本|日本在住のジェームス・コルベット氏製作

【動画】ビル・ゲイツの世界戦略を暴露する動画3本|日本在住のジェームス・コルベット氏製作

Screenshot via Corbettreport.com

2004年から日本に在住し、立命館大学でオールタナティブ・メディアについて講義したこともあるジェームス・コルベットが、ビル・ゲイツ氏による世界の人口をコントロールしようとする計略を指摘する動画3本を製作し、オンラインで無料公開している

ジェームス・コルベット氏は、カナダ生まれカナダ育ちの独立系ジャーナリスト。公開情報をベースに、重要な問題やニュースについてポッドキャスト、インタビュー、記事、動画を発信している。オランダで開かれたTEDxで公演を行ったこともある。以下はジェームス・コルベット氏による自己紹介動画。(あいにく日本語字幕はついていない。)

ジェームス・コルベット氏の以下3本の動画は、サイト『InfoWars(情報戦争)』を運営しているアレックス・ジョーンズ氏も推奨している

これら動画は、ビル・ゲイツ氏自身によるこれまでの発言を集め、その他に公開情報から入手可能なゲイツ財団の活動と合わせて、主流メディアが伝えるPR報道とは異なる、ゲイツ氏の「慈善活動」に対する別の見方を視聴者に提示している。

例えば、医者でも感染症の専門家でもない、ソフトウェア開発者であるビル・ゲイツ氏が、なぜ世界にワクチンを普及させる「第一人者」として大手メディアに取り上げられているのか?コルベット氏はこれらの動画の中で、ゲイツ財団は大手メディアに毎年数千万ドルにものぼる資金提供をし、積極的なメディア戦略を展開していることを暴露している。そしてゲイツ財団が多額の資金を提供しているのは大手メディアだけではなく、WHOなどの国際機関にも及ぶほか、新型コロナウイルス(武漢ウイルス)の感染者数について、その「最悪のケース」についてホワイトハウスや英国政府が発表した統計モデルを構築した研究機関にも及ぶ。

15年以上、日本に住んでいるコルベット氏であるが、これら動画に日本語の字幕はついていないのは残念である。

■ 『ビル・ゲイツと人口コントロール・グリッド』

■ 『ビル・ゲイツによる世界へのワクチン投与計画』

■ 『いかにビル・ゲイツがグローバルの保険医療を独占したか』

もしYouTubeがこれら動画をバンしている場合、ジェームス・コルベット氏のウェブサイトCorbettreport.comでもこれら動画を無料公開している。

【関連記事】

イタリアの国会議員がビル・ゲイツ氏を『人道に対する罪』で提訴するよう要請|米食品医薬品局はゲイツ財団が出資する新型コロナウイルス検査プログラムを一時停止

【論説】グローバリスト、ビル・ゲイツによるワクチン普及プロジェクトに隠された意図:製薬会社とワクチン接種の義務化はウィン・ウィンの関係

ビル・ゲイツ氏、「チャイナは数多くの正しいことを行った」と中共政府を擁護しアメリカ政府によるコロナ対策を批判|専門家たちからも疑問視されるゲイツ財団

コメントを残す

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

error: コンテンツは保護されています。