オールドメディアが伝えない海外のニュース

全米暴動の逮捕者を釈放するため保釈金を寄付するバイデン陣営|『トランプvs民主党+左派メディア+チャイナ』という対立構図が鮮明化

全米暴動の逮捕者を釈放するため保釈金を寄付するバイデン陣営|トランプvs民主党、左派メディア、チャイナという対立構図が鮮明化

ANTIFAのハンドブック表紙(Photo via Flickr)

 

■ 左派は一斉にアンティファへの支持を表明

 

全米暴動の発生源となったミネアポリス市第5区議会の市議会議員であり、ミネソタ州司法長官キース・エリソン氏の息子でもあるジェレマイア・エリソン氏は、先週日曜、彼自身はANTIFAのメンバーではないと前置きし、ANTIFAを支援すると宣言した。

 

【訳】私はここに正式に私のANTIFAへの支持を宣言する。

 

私の選挙区において、黒人や移民たちが経営する商店を焼き討ちする背後にANTIFAがいると誰かが私に証明することができない限り、私は白人至上主義のテロリストたちを阻止することに注力し続けるつもりだ。彼らは実際に私たちを攻撃している!

(トランプ大統領が、ANTIFAをテロリスト組織に指定するとつぶやくツイートを引用)

彼の父親であるミネソタ州司法長官であるキース・エリソン氏自身も、ANTIFAのハンドブックを手に取り映る写真が撮影されている:

 

【訳】ミネソタ州司法長官が、なぜ、テロリストのハンドブック(手引書)を手に持っているのか!

 

トランプ大統領がANTIFAを国内テロ組織に指定するという公約をツイートしてから、左派の一般人、有名人、そしてメディアは一斉にANTIFAを擁護するツイートを投稿している。

 

ツイッター上では、#IamAntifa(私はアンティファ)というハッシュタグがトレンド入りしており、数十万件の投稿が行われている。

 

【訳】私は自分のコミュニティーをまとめる活動を行っている。私は人種差別を嫌悪している。政府が自らの国民たちに対して行使するその力は、制御不能に陥っていると思う。私は人々に対してナチ / スキンヘッド(ネオナチ) / 誇りある男子(右翼男性)に立ち向かうよう鼓舞する。私はあらゆるファシズムに反対する。つまり、、、私たちの大統領によると、私はテロリストということかしら?#IAmAntifa

 

【訳】奇妙なのは、この「ANTIFA」と呼ばれるざっくりとした活動を指す頭文字を略さずに書き、またトランプのツイートをそれに応じて書き直すと、こう読めることになる:「アメリカ合衆国は、反ファシストをテロ組織に指定するだろう」。

 

【訳】自分がいつの日か「テロリスト」として自分の国に指定されることになるなんて、どうやって予想できただろうか?私は今の状況では共犯者だ。自分の特権とプラットフォームを利用して、社会正義と環境正義のための活動を支援している。・・・#IAmAntifa

【訳】完全に明瞭にしておこう:

1. ANTIFA = 反ファシスト

2. 国内テロは、圧倒的に右翼によって実行され、左翼ではない。

【訳】アノニマスは正しかった!もし反ファシストでないのならば、あなたはファシストだ。私たちのツイートに#IAmAntifa のハッシュタグをつけることで、ANTIFAという反ファシスト活動に私たちの団結と連帯を示そう。

 

そして主流メディアも、この「ANTIFAを擁護しよう」というトレンドを後押ししている。The Post Millennialの編集長であるアンディー・ゴ氏は、ワシントン・ポスト紙が、ANTIFAである学者のマーク・ブレイ氏による意見記事を掲載していると指定している:

 

 

【訳】ちょうどいいタイミングで、ワシントンポスト紙は学者のANTIFAであるマーク・ブレイのコラムを掲載し、彼らの視点(プロパガンダ)を提示している。ブレイはダートマス大学で教鞭をとっていたが、同大学の総長は、ブレイが政治的暴力を提唱していたため彼に三下り半を突きつけた。ブレイが出版したANTIFAハンドブックの収益金は、ANTIFA基金に寄付されていた。

 

(添付写真1)ブレイ氏がワシントンポスト紙に寄稿した論説記事のタイトルと要旨:「ANTIFAが問題ではない。トランプによる大言壮語こそが公の場での武力衝突から注意をそらす −− これらグループは、緩くしか組織化されておらず、また彼らは、トランプが彼らの責任だと非難するようなことはどれも引き起こすことができるほどの規模ではない」

 

(添付写真2)ブレイ氏のプロフィール:マーク・ブレイは、ラトガース大学において、現代における人権、テロリズム、政治的改革主義を専門にする歴史家。彼は「Antifa: 反ファシスト・ハンドブック」の著者。

 

■ 元オバマ政権のスーザン・ライスは再び「ロシアが関与」とCNNに出演

 

オバマゲート』に積極的に関わった一人として、保守層から責任問題を追及されているスーザン・ライス氏(オバマ政権時代の国家安全保障担当補佐官)は、CNNに出演し、「これはロシアの作戦そのものだ」と発言している。国内が社会不安に陥っている中、自らの保身のために国難を利用しようとしているとも取れる発言に、保守派たちは一斉に批判している。

 

ハドソン研究所のメディア・フェロー、サーガー・エンジェティ氏のツイート:

 

【訳】全く信じられない:オバマの元国家安全保障担当補佐官、スーザン・ライスがCNNで、今回のデモ参加者たちと国内対立について語っている。

 

「これはロシアの作戦そのものだ」

 

このCNNでのインタビューで、スーザン・ライスは「私は今日、そしてここ数日、諜報資料を読んでいない。しかし、私の経験からすると、これはロシアの作戦そのものだ」と語っている。

 

これを受け、CNNの司会者であるウルフ・ブリッツァー氏も、「外国による介入があるということについて、あなたのおっしゃる通りだ」と応じており、さらにはロシア政府が米国を「辱める」ために「私たちの国の中で急進的な分断を助長しようとしているのだろうか」とスーザン・ライスに質問している。

 

「彼ら(ロシア)が、(左派・右派)両サイドにおけるこうした過激主義者の一部をソーシャルメディア上で助長していると聞かされても私は驚かない・・・もしくは、彼らが何らかの方法でそれに資金提供し、(過激主義者たちを)形作っているとしても驚かない」とスーザン・ライスは語っている。

 

The Interceptのジャーナリスト、グレン・グリーンウォルド氏のツイート:

【訳】これはバカバカしい狂気だ——陰謀論的な狂気——しかしこれは冗談ではなくオバマ政権幹部と尊敬されている主流のニュースキャスターによって伝えられた。だからこれは全て問題ないというのか。

 

これは情報戦争レベルのゴミだ。ツイッター社は、これに対して「誤情報」のラベルをつけるべきか?はたまた、ハンマーか刃の絵文字をつけるべきか?

【訳】オリンピック級の技能ともいえるプレッツェルねじり(事実ねじり)で、でっち上げ詐欺師のライスは、ロシア人をまたもやメディア報道にねじ込んでいる!

【訳】彼女は、今回の暴動を中抜きにし、その正統性を認めないよう試みている。彼ら(スーザン・ライスたち)が少しでも反省を行う能力があったならと私は残念に思う。彼らは正気とは思えない。

 

一方、現職の国家安全保障担当補佐官であるロバート・オブライエン氏は、チャイナ、イラン、ジンバブウェ、そして「ロシアの活動家」と指摘し、こうした外国勢力が米国内の社会不安を悪用しようとしていると語っている。

 

【訳】海外の敵対国が米国の社会不安を悪用しているという証拠について、(ABCニュースの司会者)ジョージ・ステファノポリスにその証拠を詰問され、オブライエンは、チャイナからのSNS上の活動が「(中共)政府から直接行われている」と指摘している。

彼はまた、ジンバブウェやイランの名前を挙げ、「ロシアの活動家たちも関与している可能性がある」と語っている。

 

 

■ 全米の各地にはさらにレンガの山が出現。オハイオ州では武器が満載のバスも見つかる

 

マーク・ルビオ上院議員(フロリダ州選出・共和党)は、オハイオ州でデモ隊たちの近くに停められたバスの中に、大量のバット、石、その他の武器が積み込まれているのが発見されたとツイートしている:

【訳】オハイオ州の警察は、デモ隊たちの近くにあったバスに、バット、石、その他武器が積み込まれているのを発見した。しかし、この抗議活動に暴力と無政府状態を注入しようとする組織化された活動を示す「証拠は全くない」といまだに言うんだ、そうだろう?

 

また、全米で暴動が発生している「ホットスポット」の各都市の路上に、突然、パレットに山積みになったレンガが放置されていることは昨日も報じた。しかし外出禁止令が出されて2日目となった月曜、また新たにメリーランド州バルティモア市にレンガが山積みになっているのが見つかったと、地元ニュース局FOX45のジョイ・レオプラ・スチュアート氏が報じている:

 

【訳】速報:バルティモア警察は、山積みとなったレンガとボトルを発見した・・・警察は、現在、ダウンタウン地区を徹底的に捜査している。本日、デモ活動が予定されている。

【訳】昨晩、誰かがバルティモア市役所から目と鼻の先の場所に山積みのレンガを積み上げている。

 

誰がこれをここに置いたのかわからないが、これは今日のデモ活動のためと疑われている。

 

これらは撤去された。#バルティモア暴動

【訳】テキサス州フリスコ。今日午後5時に、フリスコで「デモ活動」を組織している複数のグループがいる。この「デモ活動」のルート上に、突然これが出現した。これでも、これが計画・組織化されていないと言うのか?

【訳】速報:複数のパレットにのったレンガが、現在、テキサス州フリスコに放置されている。121/プラノ・パークウェイのそば。今日ここで「黒人の命も大切(black lives matter)」の抗議活動が行われる。#アノニマス

 

【関連記事】

全米の暴動の背後に極左暴力集団ANTIFAあり|ホワイトハウスは彼らを国内テロ組織と指定。全米主要都市には歩道にレンガの山が用意され謎の資金源が暴動を支援している疑いが浮上

コメントを残す

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。