最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

米アトランタで警官に抵抗しテイザー銃を奪った黒人男性が背中に2発の銃撃を受け死亡|現場近くのウェンディーズに放火した白人女性に警察は懸賞金をかける

米アトランタで警官が発砲し黒人男性が死亡|現場近くのウェンディーズに放火した白人女性に警察は懸賞金をかける

ウェンディーズ店舗に放火した容疑がかけられている白人女性(Photo via CBS46)

全米で「BLM(黒人の命は大切)」という抗議運動と、過激派による違法行為がいまだ続く中、6月12日(金曜)に、アトランタでまたしても警官に撃たれて黒人男性が死亡した。

このニュースについては日本語でも報じられている。

【BBC】米アトランタで警官に撃たれ死亡した黒人男性、背中に2発

【朝日新聞】米でまた黒人男性死亡 ドライブスルーで警官に撃たれる

【CNN】黒人男性が警官に撃たれ死亡、警察署長が辞任 米アトランタ

BBCの日本語版は次のように報じている:

米南部ジョージア州アトランタで飲食店の外に車を停めて眠っていた黒人男性が警察に撃たれて死亡した事件を受け、アトランタ市警の本部長が13日に辞任した。14日には検視官事務所が、男性は背中から撃たれており、死因は「殺人」だと発表した。

ジョージア州捜査局(GBI)によると、ドライブスルーのレストラン「ウェンディーズ」の外で12日、レイシャード・ブルックスさん(27)が車を停めて眠っていたところ、車がドライブスルーの通路をふさいでいると通報を受けた警察と、ブルックスさんがもみあいになり、警官がブルックスさんに発砲した。・・・

ブルックスさんを撃ったとされる勤続7年目のギャレット・ロルフ警官(27)は、解任された。

フルトン郡のポール・ハワード地区検察官はCNNに、ロルフ元警官には殺人か重罪致死のいずれかの罪が適用される可能性があると話した。

ブルックスさんの死を受けて、アトランタのケイシャ・ランス・ボトムズ市長は13日、エリカ・シールズ警察本部長が辞表を提出したと明らかにした。・・・

アトランタでは13日から、ブルックスさんの死に抗議するデモ行進が行われた。

アメリカの大手メディアは、ミネアポリス市で白人警官に窒息死させられたジョージ・フロイドさんの事件の再来であるかのようにセンセーショナルに報じている。しかしアトランタで今回起きた事件を撮影した車両カメラや防犯カメラ(以下)を見ると、2人の警察に抵抗し、警官からテイザー銃を奪って逃げ去るレイシャード・ブルックスさんの姿が写っている。また、逃げ去りながら奪ったテイザー銃を追いかけてくる警官に向けている姿も撮影されている。

警官に抵抗したうえに、警官から武器を奪いそれを警官向けるという行為はそれ自体が罪である。しかし過熱した「BLM(黒人の命は大切)」の抗議活動が全米に広がっており、冷静な議論ができない風潮が全米に蔓延している。また人種間の対立を煽り、それを政治に利用しようとする左派メディアがこうした事件を偏向報道している側面があることも否めない。

その証拠に、アトランタでこの事件が起きた翌日夜、現場にあるウェンディーズが放火される事件が発生したが、これは警察による過剰暴力に抗議するデモ参加者が火をつけたとメディアは一斉に報じている:

【訳】現在進行中 – アトランタのデモ参加者たちは高速道路を封鎖し、警官が黒人男性を殺害した現場となったウェンディーズに放火した。

【テレグラフ紙】(英語原文記事)アトランタのデモ参加者たちは、黒人男性が警官に銃殺される事件が発生したことを受けてレストランに放火

【ガーディアン紙】(英語原文記事)レイシャード・ブルックスへの銃撃:デモ参加者たちがウェンディーズに放火。警官は解雇。

【CBS-WVLT】(英語原文記事)アトランタのデモ参加者たちは、警官が黒人男性を殺害した現場にあるウェンディーズに放火

しかし、こうした大手メディアの報道とは異なり、防犯カメラの映像から、ウェンディーズに放火したのは覆面をした黒づくめの白人女性であることが判明している。彼女はBLMの抗議デモの参加者ではないという目撃証言があり、「デモ参加者が放火」とする報道は誤報である可能性が高い。アトランタ警察は、この女性容疑者に1万ドルの懸賞金をかけて一般に情報提供を呼びかけている。

【訳】@StopCrimeATL(アトランタの犯罪ストップ)は、ウェンディーズを焼失させたこの放火を行った個人に関する情報に対して1万ドルの懸賞金を提供する。連絡先:404-577-TIPS (8477) またはオンラインの情報提供先: https://bit.ly/2C72LMM

追加:身元を隠そうとしているこの個人に関する添付の動画と写真を参照。この女性をとらえた動画はSNSに投稿されておりここで閲覧可能:bit.ly/3fmegOI

以下がその動画:

【訳】俺はこの動画を撮らないといけないと思った。なぜなら、メディアは絶対に俺たち(黒人)がこれを燃やしたように報じるからだ。#AtlantaProtest(アトランタ抗議)

Daily Mail紙も、この白人女性がウェンディーズに火を付ける様子をとらえた動画を紹介している:

この動画を撮影した男性は、Daily Mail紙に対して、ウェンディーズ店舗に対する破壊行為や略奪行為は、「BLM」の抗議デモ参加者たちが行ったのではないと語っており、放火する様子が動画に撮影されたこの女性は、彼女一人でそれを行ったと語っている。

動画を撮影しながら、この撮影者の男性は次のように語っている音声が録音されている:

白人ガールが放火しようとしてるのを見ろよ・・・ほら見てみろ、あの白人ガールはウェンディーズを全焼させようとしてるぜ。・・・

これは俺たちじゃねえ。これをやったのは俺たちじゃねえ!

これはどこかで見たことがある光景だ・・・。以前ここで紹介したことがあるこの動画と酷似している。

【訳】「黒人の命は大切(Black Lives matter)」という運動の活動家は、顔の青白い白人のANTIFAメンバーたちが彼らの活動に侵入し、彼らの活動の名の下に犯罪行為を行っていることを発見して「ショック」を受けている。

彼女は(ANTIFAの)群集に向かって大声で叫んだが、ANTIFAは彼女に向かって怒鳴りつけている。

この活動家の女性は、「彼ら(警察・メディア)はこの(破壊行為)の責任を黒人のせいにするわ」と語り、(破壊行為をする白人たちに対して)「あんたたちは黒人じゃないじゃない!」と声を上げた。

【関連記事】

全米で広がるBLM抗議活動に寄付すると間接的に民主党のバイデン大統領候補に寄付される|カリフォルニア大学バークレー校の歴史学部教授が匿名で大学と民主党を非難する公開書簡を発表

全米で広がる抗議活動『BLM(黒人の命も大切)』の欺瞞|データで見るアメリカの「人種問題」

【全米暴動のきっかけとなった殺人事件に新たな展開】被害者ジョージ・フロイドさんと加害者警官のデレック・ショービン容疑者は顔見知りでしかもかなり仲が悪かった|ナイトクラブの元同僚が語る

全米の暴動の背後に極左暴力集団ANTIFAあり|ホワイトハウスは彼らを国内テロ組織と指定。全米主要都市には歩道にレンガの山が用意され謎の資金源が暴動を支援している疑いが浮上

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。