BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

EUは米国からの渡航制限を延長する一方で、チャイナからの渡航制限を解除へ

EUは米国からの渡航制限を延長する一方で、チャイナからの渡航制限を解除

EU本部ビル(Photo via Pixabay)

 

欧州連合(EU)の政府関係者らは、6月30日(火曜)朝、米国在住者のEUへの渡航制限を延長する予定であることを認めた。この情報は数週間前にすでにリークされており噂になっていた。

 

この決定の中で、EUは7月1日からチャイナ在住者によるEUへの渡航制限を解除する予定であることも明らかにした。ただし、北京政府がEU市民に対しても同様の渡航制限の解除を認めること(互恵関係)をその条件としている。

 

このEU当局による決定は、加盟国に対して拘束力はない。過去2週間における在住者10万人あたりの平均感染者数が、EU域内と同レベルもしくはそれ以下であり、なおかつ新規感染者数が減少傾向にある国からのみEU域内への渡航を許可することをEUは勧告しているとブルームバーグは報じている。

 

チャイナの他に、EUは7月1日時点で以下の国々からの渡航を許可する予定:

 

  • アルジェリア
  • オーストラリア
  • カナダ
  • ジョージア
  • 日本
  • モンテネグロ
  • モロッコ
  • ニュージーランド
  • ルワンダ
  • セルビア
  • 大韓民国
  • タイ
  • チュニジア
  • ウルグアイ

 

この決定は2週間後に見直される予定。

 

【関連記事】

EUの政府高官らが中共の圧力に屈す|新型コロナウイルスについてデマ情報を発信するチャイナを批判した文書を、発表直前に書き換えていたことが判明

【速報】トランプ大統領が欧州26か国から米国への渡航を全て停止すると発表。米CDCは欧州29か国への渡航を警戒最高のレベル3に:俳優のトム・ハンクスさんも新型コロナウィルスに感染

欧州中央銀行(ECB)で内部告発:ドラギ総裁の金融政策は異常と関係者らが書簡を発表

コメントを残す

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。