ニュースレター登録

オールドメディアが伝えない海外のニュース

アメリカ株式市場は株価が操作されている?|日中取引と夜間取引を比較したチャートが示す

アメリカ株式市場は株価が操作されている|日中取引と夜間取引を比較したチャートが示す

見えざる手 Image: Luis Britto García via soyaranguibel.com

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/s7dxf (『https://』は省略可能です)

S&P500種指数は、米国株式市場全体の約75%を占める500社の大型株から構成されているため、米国株式市場全体の動向を示す株価指標の一つと言われている。そのS&P500種指数の価格は、コロナ災禍で経済が停滞しているにもかかわらず、5月1日以降314ポイントも上昇した。これは大幅上昇である。

しかし、以下のチャートを見てみると、この大幅上昇した株価は全て、証券取引所の日中取引が引けた後に起きていることがわかる。

このチャートは、日中取引と夜間取引の値動きを分けて示したグラフである。

そして日中取引と夜間取引とに分けて値動きを見てみると、5月1日以降、米国株式市場の日中取引では5ポイント下落している。それとは対照的に、夜間取引では319ポイント上昇している

これは何を意味しているか?夜間取引は取引量が少ないため、比較的少しの取引量で株価が大きく動くことが知られている。つまり、株価を吊り上げたい「誰か」が、取引量の少ない夜間取引を使って株価を釣り上げているということである。

【関連記事】

中央銀行は偽物の市場を作り出してしまった|バンク・オブ・アメリカの最高投資責任者が最新の報告書で分析

米株価が再び史上最高値を更新:現状で株価を追いかけるのは狂気とトレーダーが警告

世界大恐慌が始まった1929年10月の株価変動パターンが再出現

株式市場の崩壊が近い?:ノーベル経済学賞受賞者ロバート・シラー教授が「バブルはあらゆるところに発生している」と講演

金融市場のバブル崩壊が始まった?:連銀による新型コロナウィルスへの対応は「最後の審判の日を先延ばしにしているだけ」とピーター・シフ氏

ドイツ銀行の破綻が目前に迫りエネルギー関連社債はジャンク債一歩手前:「後から振り返ると今日が売り抜ける良いタイミングだったということになる」とジム・クレイマー氏

モルガン・スタンレーのストラテジスト「先週金曜の株価が最高値。この先は売りが続く」と予測

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。