ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

英国は香港との犯罪者引渡条約を正式に停止

英国は香港との犯罪者引渡条約を正式に停止

ドミニク・ラーブ英外相(Photo via Flickr)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/fx1V3 (『https://』は省略可能です)

 

英国政府は、香港との犯罪者引渡条約を「即時かつ無期限に」停止すると正式に発表した。英国は、米国やその他の英語圏国家に続いてチャイナとの外交戦争の口火を切ったようだ。

 

Sky Newsは次のように報じている

 

英国は、香港との犯罪者引渡条約を停止した。これは、香港に対して議論を巻き起こしている新たな安全保障法をチャイナが強制したことを受けた動き。

 

ドミニク・ラーブ外相は、月曜、下院(庶民院)に提出した声明の中で「必要かつ相応な」方策であると発表した。

 

チャイナは、以前、英国が香港との犯罪者引渡条約を停止すれば、独自の対応策で断固とした応酬を行うと宣言していた。しかし具体的にどのような応酬を行うかは依然として不明となっている。

 

【訳】英国は、新たなチャイナの安全保障法を受けて、香港との犯罪者引渡条約を停止。

 

チャイナ国営メディアである環球時報の英語版、Global Timesは、月曜に英国政府が香港との犯罪者引渡条約の停止を発表することを見越して、前日に英国を非難する論説記事を掲載していた:

 

【訳】論説:ロンドン(英国政府)はチャイナとの友好的交流を行っていた「黄金時代」を葬り去る。

 

 

【関連記事】

駐英・中国大使がBBCとのインタビューで激論を交わす|目隠しと手錠をされたウイグル人の集団が列車に連れ込まれる動画の説明を司会者に求められ

オーストラリア政府は国安法が導入された香港との犯人引渡し条約を停止|チャイナは対豪制裁すると公言

 

英国ジョンソン首相も中共政府の工作に堕ちている?|暴露本『隠れた手(Hidden Hand)』の著者たちが「英国は後戻りできないところまで来ている」と記す

 

英国はファーウェイによる半導体チップ研究開発施設の建設を承認|米国務省は英国政府に改めて警告

 

 

 

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。