オールドメディアが伝えない海外のニュース

米司法省はチャイナによる大規模ハッキングで新型コロナの研究データが盗まれたこと、そしてスタンフォード大学に留学していた人民解放軍の軍人を起訴したと中共の悪事を立て続けに告発| ポンペオ国務長官は訪問先の英国で「習近平は世界に共産党の素顔を明かした」と糾弾

ポンペオ国務長官は訪問先の英国で「習近平は世界に共産党の素顔を明かした」と糾弾|米司法省はチャイナによる「大規模ハッキング」で新型コロナの研究データが盗まれたと発表し、さらにスタンフォード大学に留学していた人民解放軍の軍人を起訴したと発表

ドミニク・ラーブ英外相(左)とマイク・ポンペオ国務長官(右)(Photo via Mike Pompeo's Twitter)

 

米英政府はますます対中姿勢で連携を強めている。最近では、英国政府が米国政府の警告に従い、ファーウェイ製品の導入を禁止する決定を行っている。こうした両国の連携姿勢は、今週火曜の朝、訪英中のポンペオ国務長官がドミニク・ラーブ英外相と並んで英国首相官邸で行った記者会見に色濃く反映されている。

 

この記者会見の席で、ポンペオ国務長官は、チャイナの香港に対する行為や新型コロナへの対応を強く非難した。さらには、新型コロナに関する西側の研究データをハッキングしようとするチャイナ政府を「恥ずべきみっともない存在」と糾弾した。ポンペオ国務長官の舌鋒鋭い批判は、習近平個人にも及んだ:

 

アメリカ国民を代表して、私はこの防ぐことが可能であったパンデミックにより失われた命について、英国民にお悔やみを申し上げたい。

 

世界を救うのではなく、この災厄を自己の利益を追求するために悪用する中共政府は、恥ずべきみっともない存在である。習近平主席は、世界に対して共産党の素顔を明かした

 

 

この時の記者会見の動画を投稿したツイート:

 

 

【訳】ポンペオ国務長官は、ドミニク・ラーブ(英外相)と行った本日の記者発表で、歯に衣着せない発言を行った。

 

COVIDについて:「世界を救うのではなく、この災厄を自己の利益を追求するために悪用する中共政府は、恥ずべきみっともない存在である。習近平主席は、世界に対して共産党が持っている二つの顔(偽善)を明かした」。

 

 

本サイトでもこれまで報じてきたように、英語圏の各国(いわゆる「ファイブ・アイズ」と呼ばれる国々)は、チャイナに対して全面的な外交戦争を仕掛けている。

 

 

ポンペオ国務長官はさらに次のように発言し、すべての民主主義国は好戦的なチャイナという「脅威」に対して一致団結することを呼びかけた:

 

チャイナの武漢を発生源とするCOVID-19ウイルスという、チャイナ共産党によって突きつけられた挑戦から(全ては)始まった。

 

 

さらに、ポンペオ国務長官は、チャイナが「国際秩序と調和した」行動を取るよう要求した。

 

この声明を発表する直前、ポンペオ国務長官は、ボリス・ジョンソン英首相とチャイナについて「率直な」対談を行っていたと報じられている。

 

ポンペオ国務長官の公式ツイッターは、ドミニク・ラーブ英外相との対談の様子についてツイートしている:

 

 

 

 

 

 

■ 国務省と司法省の連携プレー

 

 

そしてポンペオ国務長官が英国首相官邸で記者会見を行ったのと同じ朝、米司法省がチャイナによる大規模ハッキング犯罪を発表したというニュースが報じられた

 

米国の検察は、2人のチャイナのハッカーがCOVID-19ワクチンを研究中の企業を標的にして企業秘密を盗んだと非難。

 

先週、米国ではロシアが米国から新型コロナ・ワクチンの研究成果をハッキングによって盗もうとしていると報じられていた。しかし今回、2人の中国籍の人物が、何億ドルもの価値がある企業秘密や知的財産を盗んだ罪で起訴された。ただしこの2人の被疑者がチャイナ在住であることを考えると、2人がアメリカの法の裁きを受ける可能性は非常に低い。

 

この起訴内容をツイートするFBIの公式ツイッター:

 

【訳】FBIとその連携先は、リ・シャオユ(Li Xiaoyu)とドン・ジアジ(Dong Jiazhi)が世界的なコンピュータ侵入作戦に関与した容疑で告訴する起訴状に、連邦大陪審が今月初め答申したと発表した。

 

司法省(FBIはその配下)によるこの発表は、ポンペオ国務長官が英国で行った対中スピーチのタイミングと正確に合わせた連携プレーであるかのように見える。

 

ABCニュースはこのハッキング犯罪の詳細を次のように報じている

 

司法省は、2人の中国人ハッカーが、企業秘密を盗み出すために大規模な世界的サイバー侵入作戦を実行した容疑で11件の起訴状を発表した。最近のものではCOVID-19ワクチンの研究を行っている企業を標的にした作戦が含まれている

 

起訴状によると、共にチャイナ在住の中国籍であるリ・シャオユ(Li Xiaoyu)とドン・ジアジ(Dong Jiazhi)は、米国を含む11カ国以上において数百社もの企業を標的に、10年以上継続して行われているハッキング作戦の積極的リーダー役である。

 

司法省はその声明の中で次のように記している:

 

これらハッカーたちは何テラバイトものデータを盗んでおり、米国のネットワークにとって洗練された成功率の高い驚異となっている。

 

最近では、これら被疑者たちは、COVID-19に関するワクチン、検査技術、そして治療方法を開発している複数の企業のコンピュータ・ネットワークに脆弱性がないか調べていた

 

本件の大陪審による起訴状全文は、以下に投稿されている:

 

 

 

さらに7月20日(月曜)、司法省は、人民解放軍の軍人であることを隠してスタンフォード大学に研究者として留学していた中国籍のソン・チェン(Song Chen、38歳)を詐欺罪で起訴している。彼女はJ-1非移民ビザを使っていた。彼女は7月21日(火曜)、連邦裁判所に初めて出廷した。有罪が確定した場合、最長10年の禁固刑と25万ドルの罰金刑が科される。

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

トランプ政権は中共を解体するための「戦争計画」を完成|スティーブ・バノン氏が語る

英国ジョンソン首相も中共政府の工作に堕ちている?|暴露本『隠れた手(Hidden Hand)』の著者たちが「英国は後戻りできないところまで来ている」と記す

英国はファーウェイによる半導体チップ研究開発施設の建設を承認|米国務省は英国政府に改めて警告

米連邦通信委員会が中国のファーウェイとZTEの製品を利用禁止にすることを決定

英国は香港との犯罪者引渡条約を正式に停止

 

 

 

 

 

コメントを残す

最新記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Loading
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。