最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

FBIは新たに3人の中国籍の「研究者」を逮捕|司法省は現在も全米25都市以上で人民解放軍所属の研究者と疑われる人物らを捜査中

FBIは新たに3人の中国籍の「研究者」を逮捕|司法省は現在も全米25都市以上で人民解放軍所属の研究者と思われる人物らを捜査中

成都にある米国領事館(2012年9月17日撮影)(Photo via Goh Chai Hin | AFP | Getty Images)

人民解放軍の空軍軍医大学に所属する現役の軍人、タン・ジュアン(Tang Juan)が、その経歴を偽ってカリフォルニア大学デービス校で研究者として勤務するために入国したとして、FBIは彼女を査証詐欺で6月26日に告訴した。しかし同被告人はサンフランシスコにあるチャイナ領事館に逃げ込み、外交特権を使って保護されていると現地時間の7月22日(水曜)に報じられていた

そしてこのニュースが報じられた翌日の7月23日(木曜)、FBIは3人の中国籍の人物らを査証詐欺で逮捕したと司法省が発表した。これをロイター通信が報じた。司法省の発表によると、4人目の逮捕者となるはずだったタン・ジュアン被告人は、依然としてサンフランシスコにあるチャイナ領事館でかくまわれている。これら4人は全員、研究者のふりをしたチャイナの軍人であると考えられると司法省は発表している。

アメリカの司法省(FBIはその配下にある)は、過去18ヶ月間にわたって数人の中国籍の研究者を逮捕しており、彼らを企業秘密や研究成果を盗み中華人民共和国に送信した罪で起訴している

現在、FBIは全米の大学機関に隠れているチャイナ共産党党員たちを一掃しようと奮闘していると、本日ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙が報じている。

【訳】WSJ紙の報道:FBIは、全米25都市以上で、密かに人民解放軍の所属と疑われるチャイナの研究者たちを捜査中である。

ロイター通信によると、司法省は、FBIが全米25都市以上において人民解放軍の所属と考えられる米国査証保持者に対して、最近、面接を行っている。

全米の大学機関やそこで勤務する研究者たちが、チャイナ政府から数十億ドルにものぼる資金を受け取っていることはすでに判明している。ハーバード大学の化学・生物化学学部の元学部長、チャールズ・リーバー被告人が、チャイナの『千人計画』に関わっていたことを連邦政府に虚偽証言した罪で訴追されたことは広く報道された

■ 国務省は、チャイナが米国から少なくとも10億ドルの価値がある研究成果を窃盗したと非難

これと同じ日(7月23日・木曜)、アメリカ国務省のモーガン・オータガス報道官は、チャイナが少なくとも10億ドルの価値がある企業秘密や研究成果をアメリカから盗んだと発表した

オータガス報道官は、今週、閉鎖することが命じられたヒューストンにあるチャイナの総領事館が、こうした研究成果の窃盗が行われる「震源地」であると指摘している。

チャイナ政府は対抗措置として、チャイナ内陸部の四川省成都にある米国領事館を閉鎖する命令を下している

【関連記事】

サンフランシスコにある中国領事館がFBIによって指名手配された現役の人民解放軍所属の研究者をかくまっている

米国政府がテキサス州ヒューストンにある中国総領事館を72時間以内に即時閉鎖するよう命令|同総領事館では文書が大量に燃やされ消防と警察が駆けつける騒ぎに

米司法省はチャイナによる大規模ハッキングで新型コロナの研究データが盗まれたこと、そしてスタンフォード大学に留学していた人民解放軍の軍人を起訴したと中共の悪事を立て続けに告発| ポンペオ国務長官は訪問先の英国で「習近平は世界に共産党の素顔を明かした」と糾弾

【全米大学の逮捕者リストまとめ】チャイナの浸透工作を受け逮捕された米大学の関係者リスト

米連邦政府は武漢ウイルス研究所とテキサス大学の間で結ばれた「相当数の契約関係」を調査中|コロナウイルスのワクチンは今年2月テキサス大学で開発されていた?

ハーバード大学やイェール大学など米名門大学に連邦政府の捜査が入る:中国など海外からのいかがわしい寄付金を受け取っていた容疑

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。