オールドメディアが伝えない海外のニュース

強制閉鎖されたヒューストンの中国総領事館に米国政府職員らが立ち入り捜査|領事館の裏口をこじ開けて入館する様子をカメラがとらえる

強制閉鎖されたヒューストンの中国総領事館に米国の捜査官が立ち入り捜査|領事館の裏口をこじ開けて入館する様子をカメラがとらえる

7月24日ヒューストンの中国総領事館に強制立ち入りを行う米政府関係者たち(Photo via REUTERS/Gary McWilliams)

現地時間の今週金曜午後4時、ヒューストンにあるチャイナの総領事館は正式に閉鎖期限を迎えた。その直後、国務省の職員に伴われた男性の一団が、同領事館の裏口のドアをこじ開けて立ち入った。ロイター通信が報じた

この一団の中には、国務省の高官であるクリフ・シーグラブス氏も入っていたようだと報じられている。報道陣が彼らに質問をしたが、返事はなかった。また、この一団がこの領事館に立ち入った目的や、シーグラブス氏について質問をしたが、国務省の報道官はこれら質問に回答することを拒んだ。

この男性の一団が領事館の裏口をこじ開け中に入った後、国務省外交安全局の2人の職員が現場に到着し、裏口を警備した。彼らも記者たちの質問には答えなかった。

ヒューストンの総領事館で勤務していたチャイナの職員たちは、午後4時を過ぎた直後に建物から退館し、裏口がアメリカの政府職員たちにこじ開けられる前に車で立ち去ったと、現場を目撃した人物がロイター通信に語っている。

【追加情報】

【関連記事】

米国政府がテキサス州ヒューストンにある中国総領事館を72時間以内に即時閉鎖するよう命令|同総領事館では文書が大量に燃やされ消防と警察が駆けつける騒ぎに

サンフランシスコにある中国領事館がFBIによって指名手配された現役の人民解放軍所属の研究者をかくまっている

FBIは新たに3人の中国籍の「研究者」を逮捕|司法省は現在も全米25都市以上で人民解放軍所属の研究者と疑われる人物らを捜査中

コメントを残す

最新記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Loading
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。