オールドメディアが伝えない海外のニュース

ツイッターへの大規模ハッキングを行った容疑で17歳のアメリカ人少年ら3人を起訴

ツイッターへの大規模ハッキングを行った容疑で17歳のアメリカ人少年ら3人を起訴

今回逮捕・起訴されたグラム・クラーク被告人(17歳)(Hillsborough County Jail photo via wfla.com)

7月15日、ツイッターに大規模ハッキング攻撃が行われ、オバマ元大統領やジョー・バイデン元副大統領、そしてビル・ゲイツなど100人以上の有名人や大富豪のツイッター・アカウントが乗っ取られる被害に遭っていた。ハッカーはこうした有名人に成りすまし、彼らのフォロワーたちにビット・コインを送金させる詐欺行為を行っていた。

そして7月31日、この大規模ハッキングの首謀者として、フロリダ州タンパに住む17歳のグラム・クラーク(Graham Clark)が逮捕・起訴されたとタンパのNBC系列局 が報じた

この報道が行われた後、米司法省はさらに2人を起訴したと発表した。1名は英国に住む19歳の人物と、もう1名はフロリダ州オーランドに住む22歳の人物とブルームバーグ通信が報じた。

アンドルー・ウォーレン州検事は、このハッキングに関連して「全米の人々に詐欺行為を行った」として、今週クラークを30件の重罪で起訴したと発表した。

クラーク被告人は、今週金曜明け方の六時半に留置所に収監された。

この成りすまし詐欺事件で、被告人たちは10万ドル(1000万円)以上のビットコインを不正に取得している。しかし州検察事務所は次の声明を発表している:

仮想通貨のビットコインは、詐欺行為により盗まれた場合、追跡したり回収するのが困難である。

また、州検察事務所は、今回の犯罪捜査が(ツイッターの本社がある)北カリフォルニアの米連邦検事事務所、FBI、IRS(国税庁)、そしてシークレット・サービスの協力によって行われたことを発表している。

以下はフロリダ州検察事務所による発表:

【関連記事】

ツイッターへ大規模攻撃をしかけたハッカーは36人のダイレクトメッセージにもアクセスしていた|政治家のアカウントも被害に

ツイッター社が「シャドーバン」を行うため利用している社内管理ツール画像が漏洩?|ハッカーがスクリーンショット画像をメディアにリーク

WHO、武漢ウイルス研究所、ゲイツ財団のeメールアドレスとパスワードがネット掲示板4chanに大量に投稿される|武漢研究所のイントラネットと思われる画像には「HIVの一塩基変異多型をコロナウイルスに挿入する」

コメントを残す

最新記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Loading
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。