最新記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

香港から米国へ亡命したウイルス学者のヤン博士、新型コロナウイルスは研究所で人工的に作られたものであることを実証する論文を発表

香港から米国へ亡命したウイルス学者のヤン博士、新型コロナウイルスは研究所で人工的に作られたものであることを実証する論文を発表

リ・メン・ヤン博士(閻麗夢)博士(Screenshot via Loose Women)

今年4月、香港大学公衆衛生学院でウイルス学と免疫学の専門家だったリ・メン・ヤン(閻麗夢)博士が米国に亡命した。彼女が勤務していた香港大学の研究所は、WHOのレファレンス・ラボ(参照試験所)という立場にあり、世界に新型ウイルスについて最新の情報を伝える義務を負っている。

ヤン博士は9月11日(金曜)、英国のテレビ番組『Loose Women』に出演し、改めて武漢ウイルス(SARS-CoV-2)がチャイナの科学者たちによって研究所で作られたものであると語った(以下はその番組の動画)。

そして先週末の日曜、ヤン博士はツイッター・アカウントを開設し、翌9月14日(月曜)、彼女は他3名の中国人科学者たちと共同執筆した論文のリンク先を投稿した。

同論文のタイトルは、『自然進化ではなく洗練された実験室での組み替えを示しているSARS-CoV-2ゲノムの普通ではありえない特徴と、その可能性の高い合成経路についての概要説明(原題:Unusual Features of the SARS-CoV-2 Genome Suggesting Sophisticated Laboratory Modification Rather Than Natural Evolution and Delineation of Its Probable Synthetic Route)』。

この論文のリンク先を投稿したツイート:

同論文に掲載されている図解の一つ

【訳】(彼女が投稿した)リンクが切れた場合を考え、念のために(同じ内容を報じる記事を投稿):

https://thenationalpulse.com/breaking/whistleblower-dr-yan-releases-report-suggesting-coronavirus-was-lab-modified/

ホワイトハウスで通商担当の大統領補佐官であるピーター・ナバロ氏は、早速、ヤン博士の論文を報じる記事をツイートしている。

【訳】それ(武漢ウイルスが人工的に作られたものであるということ)がそれほど信じられないものだとは、信じられないだろう。#中共が嘘をつき人々は亡くなった

ヤン博士は、彼女自身の科学者としての経歴や、香港大学での勤務歴、そして557回引用されている彼女の13本の出版物についてもResearchGateに掲載された情報のリンク先を投稿している。

ヤン博士たちが発表した論文は専門的な詳しい実証を行っているが、その結論を最も端的に記した箇所は以下の部分だろう:

SARS-CoV-2は、コウモリのコロナウイルスであるZC45および/もしくはZXC21をテンプレートおよび/もしくは骨格として利用して作られた研究室での生成物だろうということを証拠は示している。この証拠を踏まえ、さらに我々はSARS-CoV-2の合成経路を前提として、このコロナウイルスを実験室で生成することは簡易であり、また6ヶ月間でそれが達成可能であることを実証する。

同論文(英語)は、ここで全文が無料公開されている

【関連記事】

チャイナのウイルス学者が香港から米国へ亡命|北京政府は新型コロナを隠蔽している

香港から米国へ亡命したウイルス学者のヤン博士がスティーブ・バノン氏の番組に出演|「絶対にこれは自然発生のウイルスではない。人民解放軍の研究所だけが所有しているウイルスを使えば半年で作れる」

コメントを残す

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。