最新記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

米CDCが新データを公表|新型コロナの死亡率が再び下落

米CDCが新データを公表|新型コロナの死亡率が驚くべき数字へ再び下落

Image via Flickr

新型コロナ(武漢ウイルス)に感染してしまったとき、実際の死亡率はどれくらいなのだろうか?アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が新たに発表したデータは、ある意味、驚くべき数字を示している。

 

今月CDCが発表した「現時点で最善の推定値」によると、武漢ウイルスに感染して死亡する年齢別の死亡率(推定値)は以下の通りとなっている:

 

年齢層

死亡率

0歳〜19歳

3万4000人中1人

20歳〜49歳

5000人中1人

50歳〜69歳

200人中1人

70歳以上

20人中1人

 

これを生存率に換算すると以下の通りとなる:

 

年齢層

生存率

0歳〜19歳

99.997%

20歳〜49歳

99.98%

50歳〜69歳

99.5%

70歳以上

94.6%

 

CDCのデータは、感染者死亡率(Infection Fatality Ratio = IFR)と呼ばれるものである。以下が実際にCDCのサイトに掲載されたデータ(一部を抜粋)。(上に掲載したデータは理解しやすいようCDCのデータをわずかに四捨五入している。)

 

感染者死亡率(IFR)には、ウイルスに感染したが病状を一切発症していない人たちも含まれている。

 

Source: CDC  

 

CDCが算出した「最善の推定値」は実際の数字から外れている可能性があり、上のチャートでもCDCはいくつかのシナリオを描いてそれぞれの推定値を算出している。しかし、いずれのシナリオでも死亡率は非常に低い。例えば20〜49歳の年齢層では、「最善の推定値(シナリオ5)」よりも悪いシナリオ(シナリオ3と4)であっても、感染者死亡率(IFR)はわずか0.0003である。これは、たとえこのウイルスに感染したとしても3333人中1人しか死亡しないことを意味している。

 

CDCが公表する死亡率は、下落の一途を辿っている。3月、全米がロックダウン(都市封鎖)に陥った時、Dr.アンソニー・ファウチは、死亡率が約2%と見積もっていた。またWHOは約3.4%と見積もっていた。これら値は、共に現在のCDCの推定値とはかけ離れた高い数字である。

 

これら初期に発表された推定の死亡率は、非常に恐怖を煽るものでありメディアも大々的に報じていた。しかしCDCが新たに発表した死亡率の推定値について、取り上げるメディアはほとんどない。

 

 

【関連記事】

米CDCが衝撃の事実を発表|全米の新型コロナ死亡者数のわずか6%しか新型コロナのみによる死亡ではない

イタリアとフランスのデータでは若者の間で感染率が異常に高く若者もICU治療が必要なケースがあると米政権のデボラ・バークス医師が注意喚起:米CDCはアメリカ国内の感染者に占める世代別死亡率を発表

米国では新型コロナはCDCの「流行病」の定義に当てはまらないレベル近くまで死者数の割合が低下

 

全米の新型コロナ死者数のうち43%は老人ホームで発生|スタンフォード大学教授は全米の実際の致死率の中央値は0.04%と論文で発表

 

WHOが新型コロナウィルスの致死率は当初考えられていたより高いと発表:「新型コロナウィルスには季節性があり暖かくなると和らぐ」とする仮説に証拠はない

新型コロナウイルスによる実際の死者数は公式発表より約60%も多い|フィナンシャルタイムズ(FT)紙

中国CDC、80歳以上の致死率は14.8%、女性より男性のほうが致死率は高いと発表:新型コロナウィルスに関する最大規模の疫学調査データを公表

 

 

コメントを残す

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。