ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

米国家情報長官、CIA長官の手書きメモを機密解除|ヒラリーがロシアゲート疑惑を捏造しているという機密情報をオバマ大統領に説明していた証拠

米国家情報長官、CIA長官の手書きメモを機密解除|ヒラリーがロシアゲート疑惑を捏造しているという機密情報をオバマ大統領に説明していた証拠

ジョン・ブレナン元CIA長官(Photo via Flickr)

この記事をシェアする

10月6日(火曜)、アメリカのジョン・ラトクリフ国家情報長官は、ロシアゲート疑惑に関してさらに数件の政府資料を機密解除した。機密解除された資料の中には、当時CIA長官であったジョン・ブレナンが記した自筆のメモも含まれている。Foxニュースが報じた

 

そしてこの自筆メモは、2016年当時、ヒラリーがトランプ陣営に対するロシアゲート疑惑を捏造しようとしていることを示す情報を、ブレナンCIA長官がオバマ大統領に説明した後に作成されていた。

 

ヒラリーがロシアゲート疑惑を捏造しようとした目的は、2016年の大統領選挙を前にして、自身が国務長官だった時に「私設メール・サーバを利用していたことから国民(そしてFBIの捜査)の目を背けるため」であったとラトクリフ国家情報長官はグラム上院議員(共和党)に宛てた書簡に記している

【訳】機密解除:

 

1.民主党全国委員会(DNC)へのハッキングとロシアとを関連づけることで、トランプ陣営に汚名を着せるという策略をヒラリー・クリントンが立てたと言われている件について、オバマに説明を行ったことについてのジョン・ブレナン(元CIA長官)によるメモ

 

2.ヒラリー・クリントンが立てていたと言われる策略について、CIAからFBIへの照会

 

1のリンク先:https://www.scribd.com/document/478963703/Enclosure-1-Brennan-Notes-u

2のリンク先:https://www.scribd.com/document/478965057/Enclosure-2-Dcia-Memo-09-07-16-u

 

クリントンの広報担当者ニック・メリルは、この件について「根拠のないでたらめ(baseless bullshit)」と発言している。しかしラトクリフ国家情報長官は、先週、次のように語っている

 

「明確化するために言う。これはロシアによるデマ情報ではなく、(米国の)諜報機関コミュニティーもデマ情報とは評価していない。私はこれから数日以内に、機密の情報源とこの情報を入手した方法について連邦議会に説明を行う予定である」。

 

一方、ツイッター社はこのニュース記事の情報規制を行っている:

【訳】私にもこれが初めて起こった。ロシア疑惑のストーリーをヒラリーが広めようとしていたという手書きメモ、それを国家情報長官が機密解除したことについて、ザ・フェデラリストに掲載された@seanmdavによる記事を私がリツイートしようとしたところ、ツイッター社はこのように表示した。

 

(スクリーン画面の文字)

この見出し記事は話の全体像を報じていない

リツイートする前にこの記事をツイッター上で読むことができます。

 

 

 

【関連記事】

【新刊】民主党全国委員会(DNC)はメールサーバがハッキングされたのはロシアの仕業とでっちあげるためにCrowdStrike社を採用|ロシアゲート疑惑の真実

オバマゲートの首謀者はヒラリーだったという情報を入手|ラトクリフ国家情報長官が書簡で公表

 

CIA長官のジーナ・ハスペルが、ロシアゲート疑惑の証拠資料を機密解除することを妨害している|ザ・フェデラリストのショーン・デービス氏がFoxニュースで語る

オバマゲート疑惑に関わった全ての人間の証拠をテープに録ってある|トランプ大統領がテレビ討論会で暴露

アメリカ大使館職員がウクライナ・キエフで謎の死|ウクライナ政府は殺人事件の可能性があるとして捜査を開始

 

 

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。