ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

WHOのCOVID-19担当特使、各国の指導者たちにロックダウンを感染拡大防止のための最重要手段としないよう要請

WHOのCOVID-19担当特使、各国の指導者たちにロックダウンを感染拡大防止のための最重要手段としないよう要請

WHOのCOVID-19担当特使であるDr.デービッド・ナバロ(Screenshot via The Spectator)

世界保健機関(WHO)のCOVID-19担当特使であるDr.デービッド・ナバロは、世界各国の指導者たちに、ロックダウン(都市封鎖)を新型コロナの感染拡大を防止するための最重要手段(第一位の手段)としないよう要請した。

 

Epoch Times(大紀元)のエバン・ペンチュコフ氏は次のように報じている

 

デービッド・ナバロ氏は、10月8日に放送されたThe Spectator とのインタビューの中で次のように語った。

WHO内にいる我々は、このウイルスを制御するための最重要手段としてロックダウンを推奨しない。

我々がロックダウンを行うことが正当化できると信じるのは、時間稼ぎをし、体制を立て直し、組織を再編成し、持てるリソースの再バランスを行い、疲弊した医療従事者たちを守るときだけである。しかし概して、我々はロックダウンを行わないほうがいいと考えている」。

 

ナバロ氏は、ロックダウンが世界中、特に貧困層に引き起こしている巻き添え被害について指摘している:

「例えば、人々が休暇旅行を控えている影響で、カリブ海や太平洋地域の観光産業に引き起こしていることをご覧なさい。市場が凹んでしまった影響で、世界中の小規模自作農家に起きていることをご覧なさい。貧困層に起こっていることをご覧なさい。来年までに世界の貧困レベルは倍増しそうだ。子供たちは学校で食事が摂れず、貧困層に属する彼らの両親は十分な食料を買う余裕がないために、子供達の栄養不良レベルも少なくとも倍増しそうだ」とナバロ氏は語った。

さらにナバロ氏は次のように語った。「これは実際、ひどく恐ろしい世界的な大惨事だ。そこで我々は、本気で世界の指導者たちに訴える:最重要手段としてロックダウンを利用することを止めなさい。そして感染拡大を阻止するためのより良い制度を考案し、互いに協力し、そして学びなさい。そしてこれを忘れないように——ロックダウンはあなた方が軽視することが決してできない一つの結果を伴うということ、そしてそれは貧困層をよりひどい貧困に陥れるということを」。

 

The Spectatorはこのインタビュー動画をツイッターに投稿している:

【訳】ご視聴ください:WHOのCOVID-19担当特使であるDr.デービッド・ナバロは、アンドルー・ニールとのインタビューで次のように語った:「我々は、本気で世界の指導者たちに訴える:最重要手段としてロックダウンを利用することを止めなさい」。インタビューの全編はここで視聴を:https://t.co/XLdaedsKVS

 

つい先日、科学的に正しい内容をツイートしたトランプ大統領の投稿を検閲したツイッター社が、この投稿を不適切動画として閲覧不可能にするのは時間の問題かもしれない。

 

【関連記事】

新型コロナは季節性インフルエンザよりも危険性が低い|WHOが(意図せず)認める発表を行う

6000人以上の科学者や医師たちが請願書に署名|大多数の健康な人々は都市封鎖を即刻停止し通常の生活に戻るべき

フェースブック社とツイッター社がトランプ大統領の投稿を検閲|SNS企業を損害賠償責任から免除している「セクション230を剥奪しろ」とトランプ大統領は激怒ツイート

 

 

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。