最新記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

米・上院司法委員会はツイッター社のジャック・ドーシーCEOを証人喚問する予定|バイデン・スキャンダルについて投稿したトランプ選挙陣営と共和党下院議員たちの公式アカウントを同社が凍結したため

米・上院司法委員会はツイッター社のジャック・ドーシーCEOを証人喚問する予定|バイデン・スキャンダルについて投稿したトランプ選挙陣営の公式アカウントと共和党の下院議員たちの公式アカウントを同社が凍結したため

ツイッターのジャック・ドーシーCEO(Photo via Flickr)

NYポスト紙は、昨日と今日と連続してハンター・バイデンの秘密のeメールを元に、バイデン親子が関与してきた汚職の詳細を伝えるスクープ報道を行った。そして昨日に引き続き、ツイッター社は本日もこれらNYポスト紙の記事を共有することを検閲している。そしてツイッター社はついに、トランプ選挙陣営の公式ツイッター・アカウントまで利用停止にした。トランプ陣営は、この公式アカウント上で「何年にもわたってこの国を食い物にしてきた嘘つき」とバイデン元副大統領のことを非難する動画を共有していた。

 

【訳】ジョー・バイデンのことを何年にもわたって我々の国を食い物にしてきた嘘つき、と呼ぶ動画を投稿したという理由で、ツイッターは@TeamTrump(トランプ陣営の公式アカウント)を利用停止にした。この動画は、NYポスト紙の記事と関係している。

 

大統領選挙まであと19日。

 

ツイッター社は、NYポスト紙の記事へのリンク先を投稿したとして、ホワイトハウスのマクナニー報道官の個人アカウントも凍結している

 

マクナニー報道官は、彼女の公式アカウントで検閲は糾弾されるべきだと批判している:

【訳】検閲は糾弾されるべきだ!

CC: ツイッターとフェースブック

これはアメリカ的なやり方ではない!!

 

そして本日、リンゼー・グラム上院議員とテッド・クルーズ上院議員は、ツイッターのジャック・ドーシーCEOを議会に証人喚問するため、上院司法委員会が火曜に召喚状を発行するための採決を行うことを決めたと報じられた。

【訳】グラム(上院議員)は、NYポスト紙/ハンター・バイデン(のスキャンダル報道)をブロックしている問題について、SNS企業に召喚状を送るための採決を彼の委員会は取る予定だと語った。

 

【訳】テッド・クルーズ(上院議員)は、上院司法委員会が火曜にツイッターのジャック・ドーシーへ召喚状を発行するための採決を行う予定であると語った。

 

ジャック・ドーシーは、2018年に行った議会証言で次のように語っていた:

「私は次のことを明言しておきたい:我々は、当社のいかなるポリシーやそれを強制させる判断を行う中で、政治的な意見やものの見方、もしくは支持政党を考慮に入れていない。以上です。公平性こそが我々の基本理念です」。

 

【10月16日(金曜)更新情報】

【訳】正式に決定。(ツイッターの)ドーシー、(グーグルの)ピチャイ、(フェースブックの)ザッカーバーグは、10月28日(水曜)に上院商務委員会に出席する。既に報道されていた通り、彼らCEOたちは証言することを自主的に合意した。

 

一方、ジョッシュ・ホーリー上院議員は、連邦通信委員会(FCC)に提訴し、トランプ陣営は大手IT企業を正式に告訴するべきだと訴えた。

【訳】2日前、私はフェースブックとツイッターが選挙法に違反している可能性について調査するよう連邦通信委員会に要請した。トランプ陣営は、正式な提訴を行うべきだ。

 

【関連記事】

【続報】ツイッターはNYポスト紙の記事を「危険」とし共有することを禁止→後に同紙公式アカウント@nypostを利用停止|ジョー・バイデンはブリズマ社の重役とは会っていないと報道を否定→その後、非公式の面会をした可能性は否定せず

【NYポスト砲・第2弾】ハンター・バイデンはチャイナから「紹介料」だけで数百万ドルを受け取っていた|新たに公開されたeメールはチャイナとの不正取引の詳細を記す

【スクープ報道】ハンター・バイデンは副大統領の父親ジョー・バイデンをブリズマ社の重役に紹介していた|決定的証拠eメールをNYポスト紙が入手

コメントを残す

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。