最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【インタビュー動画】民主党が画策したトランプの「ロシア疑惑」スキャンダルはいつ始まったのか?『フォールアウト』著者が「スパイ・ゲート」の全容を明かす

【インタビュー動画】民主党が画策したトランプの「ロシア疑惑」スキャンダルはいつ始まったのか?『フォールアウト』著者が「スパイ・ゲート」の全容を明かす

シェイマス・ブルーナー氏(左)とジョン・ソロモン氏(Screenshots via The Epoch Times)

2015年に出版された「クリントン・キャッシュ:外国政府と企業がクリントン夫妻を『大金持ち』にした手法と理由」(*)の共著者であるシェイマス・ブルーナー氏(上の写真左側)と、Just The Newsの設立者でFoxニュースのコメンテーターも務めているジョン・ソロモン氏(同右側)が、新たに共同執筆した『フォールアウト』について大紀元/エポックタイムズのインタビュー番組に出演した。

 

 

(*)「クリントン・キャッシュ」を元に製作された同名のドキュメンタリー映画を、アマゾンPrimeは全米で配信停止にしている(以下の画像)。アマゾンは配信停止の理由を明らかにしていない。

 

3年近くにわたって全米で報じられた「ロシア疑惑」が、いつ、そしてなぜ焚き付けられたのかを、両氏は独自調査によって明らかにしており、オバマ政権時代からの外交政策の失策と腐敗について詳にしている。

 

ネタ明かしをすると、オバマ政権時代の対ロシア外交政策の失敗やヒラリーのeメール問題を隠蔽するために「ロシア疑惑」はでっち上げられた。

 

そしてオバマ政権時代の腐敗と謀略は、今年の大統領選挙にも脈々とつながっている。当時の腐敗に積極的に関与しそれを隠蔽したFBI、CIA、司法省、国務省などの政府機関(ディープステート)は、今、ジュリアーニ元NY市長をはじめ、非主流メディアが明らかにしようとしているバイデン一族の腐敗をまた隠蔽しようとしている。ヒラリーのeメール問題を隠蔽したように。

 

【インタビュー動画(日本語吹き替え版)】(10月21日公開)

 

【インタビュー動画(英語版)】(7月22日公開)

 

「フォールアウト」(英語版)

 

【関連記事】

クリントン財団の収賄疑惑に関し、FBIの捜査対応を連邦検察が捜査中

オバマゲートの首謀者はヒラリーだったという情報を入手|ラトクリフ国家情報長官が書簡で公表

アメリカ国務省の外交官がヒラリー・クリントンの犯罪行為を証拠とともにFBIに告発|当時FBI長官だったジェームズ・コミーは自分宛の告発文書を無視

【ドキュメンタリー動画】ジョー・バイデン候補の息子は、チャイナ政府や人民解放軍と複数のビジネス契約を締結。アメリカの国家安全保障を危機にさらしている

【スクープ報道】ハンター・バイデンは副大統領の父親ジョー・バイデンをブリズマ社の重役に紹介していた|決定的証拠eメールをNYポスト紙が入手

ロシアゲート疑惑は『オバマゲート』だった|不正が次々と明るみになり追い詰められるオバマ元大統領とバイデン元副大統領

CIAがロシアゲート疑惑の証拠を捏造していた|国家安全保障局NSAの元技術部長が法廷と連邦議会でその証拠を示すつもりと発表

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。