最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

FBIはチャイナの「不法スパイ」5人を逮捕|米国国内で行われていた大規模な中共政府による工作活動を一斉摘発

チャイナの「不法スパイ」5人を逮捕|米国国内で行われていた大規模な中共政府による工作活動をFBIが一斉摘発

司法省のジョン・デマーズ司法次官補(左)とクリストファー・レイFBI長官(Screenshot via Bloomberg)

米司法省は、今週水曜、チャイナの「不法スパイ」として活動したとして8人を起訴したと発表した。発表内容によると、この8人は米国内にいるチャイナ国籍の市民らを組織的に脅迫する工作に従事していた容疑がかけられている。

 

起訴された8人のうち5人は既に逮捕されている。少なくとも1人については、現在、米国当局が行方を追っている。司法省のジョン・デマーズ司法次官補(国家安全保障担当)は、記者発表の中で次のように語った:

「中華人民共和国のスパイとして活動していた8人を起訴したことを発表する。彼らは、ここ米国内でホックス・ハント(狐狩り)として知られている違法なチャイナの警察活動に関与していた」。

 

セス・デュシャーム連邦検事代理によると、彼らは、「特定の個人をターゲットに、自らの意思に反して中華人民共和国へ強制帰国させるためのスキームで同国の政府関係者を支援していた」と言われている。

 

司法省が行った記者発表の中で、FBIのクリストファー・レイ長官は、チャイナ政府が米国内で違法な工作活動に従事しても何の罰も受けないで済むと考えていることは「非常識だ」と非難した。さらに、この工作活動が、「ここ米国にいる人々を、彼ら(チャイナ政府)の意思にひざまずかせる」ことを目的にしているとも語った

 

レイFBI長官はこの「狐狩り工作」について次のように説明している:

「このケースの場合、犠牲者たちがチャイナによる嫌がらせをFBIに通報した後、我々は犯人たちに法の裁きを受けさせ、法による支配を守るために、複数年の捜査を開始した。FBIは、この捜査が刑事告発という形で実ったことを誇りに思う——この種の捜査では初である。我々の国民や合法的な永住権保持者たちに対する監視行為、つきまとい、嫌がらせ、そして脅迫行為には深刻なリスクが伴うということを、今回の起訴はチャイナに理解させることに役立つだろう。

 

このメッセージは特に重要である。なぜなら、悲しい事実として、今回の一件は全く例外的な孤立した事件ではないからだ。また、チャイナが使う戦術は驚愕のものである。デマーズ司法次官補が説明した通り、「狐狩り工作」は、政権にとって脅威とみなされたチャイナ国籍の人々をここ米国や全世界でターゲットにしており、習近平主席および中国共産党による見境のない活動である」。

 

FBI長官が習近平首席を名指ししたことで、チャイナ政府からは激しい反発が予想される。また、「狐狩り工作」は、チャイナによる「スカイネット工作(Operation SkyNet)」の一部でもあると説明された。「スカイネット工作」について最初に報じられたのは何年も前のことであるが、チャイナ国内で汚職に手を染め、その後海外に逃亡した国民を逮捕しようとするチャイナ政府による活動であると報じられている。しかし米司法省の関係者たちは、「スカイネット工作」は単なる偽装であり、実際は政治的な反体制派や習近平の政敵を厳しく取り締まることが目的であると語っている。

 

【訳】たった今入ったニュース:司法省とFBIの関係者は、反体制活動家を厳しく取り締まるための「狐狩り工作」として知られる違法なスパイ・プログラムに加わった容疑で、8人のチャイナのスパイを起訴した。

 

ABCニュースは、合法的にアメリカに滞在している市民にチャイナのスパイが付きまとい脅す具体的な事例として、以下を紹介している

ターゲットとなった人々の1人は、ニュージャージに居住していた。裁判所の記録の中では無名1として記されている。彼の高齢の父親は自分の意思に反してチャイナから米国に連れてこられた・・・「サプライズとして彼を利用し、無名1を脅して中華人民共和国に強制的に連れ戻すためである」と検察官たちは語った。

 

裁判所の記録によると、無名1に圧力をかけるための手段の一つとして、彼の成人した娘は監視下に置かれ、オンライン上の嫌がらせの標的になった。その後、彼の自宅に一方的に複数の小包が送りつけられ、その中には彼が帰国しなければ彼の家族が被害にあうと脅迫する手紙と動画が入っていた。

 

「ホンル・ジン、ジュ・ヨン、そしてマイケル・マクマホンは米国東北部で逮捕された。ロン・ジンとジェン・コンビンはカリフォルニア州で逮捕された。ジュ・フェンはいまだ逃走中である」とABCは報じている

 

【関連記事】

ニューヨーク市警の警察官が、チャイナのスパイ容疑で逮捕される

チャイナの通信事業者は米国で20年間にわたってスパイ活動を行なっている|米連邦議会が新たに公開した調査報告書は、米政府による監視がほとんど行われていないことが原因と結論付ける

FBIが行っている約5000件のスパイ防止活動捜査の半数近くがチャイナ関連

日本が購入予定のF-35戦闘機の情報が中共へ漏洩|シンガポール国籍のコンサルタントが中共のスパイとして米国内で活動していた罪を認める供述書で明らかに

 

 

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。