最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ドミニオン社の重役にペロシ下院議長の首席補佐官!大株主は「チャイナ・クイーン」として知られるファインスタイン上院議員の夫——ミシガン州など全米28州で不正な票の書き換えを行った疑いがある電子投票システムを製造した会社

ドミニオン社の重役にペロシ下院議長の首席補佐官!大株主は「チャイナ・クイーン」として知られるファインスタイン上院議員の夫——ミシガン州など全米28州で不正な票の書き換えを行った疑いがある電子投票システムを製造した会社

シドニー・パウウェル弁護士(Screenshot via FOX News)

ミシガン州アントリム郡では、電子投票や票集計に利用されたドミニオン社製システムが、約6000票のトランプ票をバイデン票に書き換えるという「誤作動」を起こしていたことが判明している。そしてこのドミニオン社製投票システムは、今回の大統領選挙においてミシガン州にある全47郡だけでなく、全米28州で利用された——

 

ドミニオン社は、2014年にクリントン財団と225万ドルの「デロス・プロジェクト」を実施した実績があることはここで報じていたが、さらに同社が民主党と「深いつながり」があることが判明している

 

クリントン財団の公式ホームページは、慈善活動の一環として同財団の「デロス・プロジェクト(DELIAN Project)」にドミニオン社が投票技術の支援を行ったことを発表している(以下はその画像)。

画像出典:https://www.clintonfoundation.org/clinton-global-initiative/commitments/delian-project-democracy-through-technology

 

そして11月8日(日曜)、FOXニュースがドミニオン社と民主党との深い関係について説明している。

マリア・バルティロモ司会者:今回の選挙を争っているトランプの弁護士チームの1人、シドニー・パウウェル弁護士です。ドミニオン社製ソフトウェアについて我々は報じました。投票に不規則性があったということを把握しています。このことについてお話しいただけますか。

 

パウウェル弁護士:それは控えめに言っても、こうしたコンピュータの誤作動は絶対に起こり得ないことであり、また起こるべきではない。詐欺行為が発生した場所では、コンピュータ・システム上で票を変換したり、存在しない票を追加していた。我々は、この詐欺行為に関与している全てのコンピュータ・システムに対して監査を行う必要がある。また、ジョー・バイデンが、過去最大の不正選挙組織を作り上げたと発言したのをあなたもご存知でしょう。彼は人々の票など必要としていなかったのだ。彼が人々を必要とするのは(選挙の)後になってからだ。彼らはこれを全て計画していた

 

マリア、彼らはアルゴリズムを使っていた。彼らは、必要となれば追加するための紙の投票用紙を準備していた。そしてブルー・ステート(民主党の州)で、顕著にトランプ票が大きく躍進した。その時、彼らは票集計を停止しなければならなくなり、(票集計プロセスに)介入し、票をバイデンのものに置き換え、トランプ票を取り除かなければいけなくなった。

 

マリア・バルティロモ司会者:選挙の途中に投票機械が停止したり、止めて(機械の)状況を検査することなど私は見たことがない。

 

ナンシー・ペロシ(下院議長)の長年の首席補佐官が同社(ドミニオン社)の重役であるという報道が複数あります。また、ファインスタイン上院議員の夫であるリチャード・ブルムが同社の大株主であるという報道も複数あります。

 

このドミニオン社製ソフトウェアに関して、向こう側(民主党側)にある利害関係について、何かお話しいただけることはありますか?

 

パウウェル弁護士:明らかに彼らは自分たちの勝手な理由でこれに投資をしていた。そして票を盗むという今回の詐欺行為を犯すためにそれを使っている。彼らは、自分たちの政党(民主党)内においても、他の民主党からの候補者から票を盗んできたと私は考えている。彼ら(票が盗まれた民主党の候補者たち)はこのことについて激怒するべきだ。

 

また、バーニー・サンダースは、民主党の大統領候補に指名されていた可能性が非常に高い。しかし彼らは相手が誰であろうと票を盗みたい相手から票を盗んできた。

 

マリア・バルティロモ司会者:シドニー、あなたが今朝、追及しているこれら容疑は驚くべきものだ。当然、我々はこれについてフォローアップしていくつもりだ。本日はご出演くださりありがとうございました。

 

このときのインタビュー動画:

 

 

【関連記事】

「民主党はバーニー・サンダーズを引きずり下ろすことにした」とトランプ大統領がツイート:ブテジェッジ元市長とクロブシャー上院議員らが立て続けに選挙戦を離脱

ナンシー・ペロシ下院議長、ロシアゲート疑惑のでっち上げに加担したCrowdStrike社に最大100万ドルを投資

米上院司法委員会は米国民が新型コロナに関してチャイナを訴えることを可能にする法案を可決|「チャイナ・クイーン」の異名をとる民主党のファインスタイン議員は、「チャイナは尊敬に値する国に成長している・・・これは大きな誤り」と反対票を投じる

電子投票を瞬間的に書き換えるソフトウェア「ハンマー」とその付属ソフト「スコアカード」が不正選挙に利用された|電子的に回収された全ての期日前投票の3%が改竄された疑いがあるとパウウェル弁護士がFOX Businessの番組内で発言

全米28州で票の数え直しが必要?|すでに欠陥が判明しているドミニオン社製投票システムが利用されていた。同社はクリントン財団と225万ドルの合弁事業「デロス・プロジェクト」を実施した「実績」あり

【不正選挙の証拠?】ミシガン州の票集計ソフトウェアが誤作動。数千票が誤ってバイデンに|集計センターで投票用紙に記入を続ける作業員たちを撮影した動画が拡散されるもツイッターが検閲

 

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。