最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【速報】ドミニオン社のサーバがドイツで押収されたのは真実と、シドニー・パウウェル弁護士が記者会見で認める

会見するシドニー・パウウェル弁護士(Screenshot via Newsmax)

今年の大統領選挙で、全米30州で利用されたドミニオン社の投票システムには「バックドア」があり、そこから票の改竄など不正選挙が行われていたとされる疑惑で、先週、同社のシステムが投票データを送信していたとされるドイツ・フランクフルトのサーバが押収されたというニュースが報じられた。その時のニュースはここで詳しく報じている

 

そして11月19日(木曜)、トランプ陣営の弁護団が約1時間半にわたって行った記者会見の中で、記者からこのドイツで行われたサーバ押収のニュースは真実かと質問され、シドニー・パウウェル弁護士は真実だと回答した。ただし、「正義ある者たちに押収されたのか、悪者たちに押収されたのかはわからない」と答えた。

 

この会見の様子(一部):

 

【関連記事】

ルイ・ゴーマート下院議員、投票データを集約しているドイツのサーバを米軍が押収したと語る|サイトル(Scytl)社は疑惑を完全否定する声明を発表

パウウェル弁護士、ドミニオン社の不正投票ソフトの設計現場に居合わせた軍高官から宣誓供述書を得る——ツイッターはジュリアーニ弁護士、パウウェル弁護士、ウッド弁護士のアカウントをシャドーバン

トランプ大統領は70%以上の得票率で大勝し、400人以上の選挙人票を勝ち取っていたと確信している——リン・ウッド弁護士がラジオ番組で語る

 

 

 

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。