最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ドミニオン社のトロント・オフィスが入居する同じフロアに、ソロス財団が出資するタイズ・カナダ財団が入居

ドミニオン社のトロント・オフィスが入居する同じフロアに、ソロス財団が出資するタイズ・カナダ財団が入居

ドミニオン社が入居するトロントのオフィスビルとその入居者ディレクトリ(Screenshot via The Robertson Building)

2013年からドミニオン社が入居しているカナダ・トロントにあるオフィス・ビル(The Robertson Building)、その同じフロアにソロス財団が出資するタイズ・カナダ財団(Ties Canada Foundation)が入居していることをRebel Newsが突き止めた。(Tieds Canada財団は、「中傷キャンペーン」が行われたため組織名をMakeWayに変更するつもりであると今年6月に報じられている。)

 

Rebel Newsがこのニュースを最初に報じた直後、このビル1階ロビーの壁に設置された入居者のプレートから、ドミニオン社のネーム・プレートが撤去されていることもRebel Newsは報じている。Rebel Newsがオフィス・ビルの管理人に直撃インタビューをすると、テナントの要請で社名プレートを撤去したと語っている。しかしビル入り口に設置された暗証コードを入力するセキュリティ・システムにはドミニオン社が消されずに残っており、その社名が表示されている。

 

ソロス財団に出資を受けたタイズ・カナダ財団(MakeWay)は、共産主義を掲げる組織であるとRebel Newsは報じている。そしてこのオフィス・ビルには、ここ以外にもさまざまな極左組織が入居しているとRebel Newsは報じている。しかもこれら組織で働く人間たちは、互いの組織で役職を兼任していることも突き止められている。

 

投票機器メーカーのドミニオン社は、なぜこのようなオフィス・ビルに入居しているのか?

 

このオフィス・ビルにRebel Newsが直撃取材をしている様子を収めた動画が、ユーチューブに投稿されている:

 

【関連記事】

ドミニオン社には、ジョージ・ソロス、ベネズエラのウゴ・チャベスが関わっている|ジュリアーニ顧問弁護士が語るも、ドミニオン社は全てを否定

トランプ訴訟弁護団の記者会見【9つの重要ポイント】|2020年大統領選挙で起きた大規模な不正投票は「中央集権的な場所で計画された」とジュリアーニ弁護士

ドミニオン社が声明を更新|クリントン財団への慈善寄付とペロシ下院議長の元スタッフをロビイストに採用していることを認める

 

 

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。