ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

シドニー・パウウェル弁護士が言う「クラーケン」とは、国防総省のサイバー戦争プログラム|The Marshall Report

シドニー・パウウェル弁護士が言う「クラーケン」とは、国防総省のサイバー戦争プログラム|The Marshall Report

Photo via The Marshall Report

ダイアン・マーシャル・筆|11月25日|The Marshall Report掲載

 

なんてことだ——これが「クラーケン」だった。それが国防総省のサイバー戦争プログラムだと誰が想像しただろう?ここはシステムを追跡し、ディープ・ステートが犯した悪意ある活動や犯罪行為の証拠を入手する組織だ!

 

クラーケンを放て(Release the Kraken)

(Photo via The Marshall Report))

 

シドニー・パウウェル弁護士が、彼女は「クラーケンを放つ」と言った時、私たちのほとんどは、「タイタンの戦い」を思い浮かべ、彼女のガッツある発言に声援を送った。彼女がそれを発言したとき、瞬きもせず直立不動の姿勢で、そして真剣な面持ちだった。彼女はジョークを言っていたのではなかった。今になってようやく私たちはそれがなぜなのかわかった!「クラーケン」というのは、国防総省が運営しているサイバー戦争プログラムだ。ここはディープ・ステートによる不正行為の証拠を入手するために、さまざまな他のシステムを追跡しハッキングを行っている!トランプ大統領と軍および宇宙軍にいる忠誠心ある愛国者たちは、今、不正選挙と、選挙に関連する国家反逆罪の全ての証拠を手に入れているのだろう。これはアメリカの敵を追い込むために使われるだろう。

 

(Photo via The Marshall Report)

 

我々が2020年選挙で目撃していることは、選挙ではない。我々は、米国政府を転覆しようとする試みを目撃している。CIA、FBI、そして司法省は、国賊者の沼のドブネズミたちであふれている。彼らは大統領の座を盗み、そして世界秩序のためにアメリカを乗っ取ろうとする意図がある。彼らは危険なグローバリストたちの操り人形であり、アメリカを破壊し、グローバル・リセットを導入し、そして国連の「2030アジェンダ」の先導役を務めるために、大胆にも彼らグローバリストたちのクーデターを推進している。「2030アジェンダ」は、持続可能な開発のための「アジェンダ21」を焼き直したものだ。彼らは足並みを揃え、疑うことを知らないアメリカ人に対してその全ての拳を放つ。一方、世界中の国々は、自国民に対してまったく同じロックダウン(都市封鎖)を行っている。彼らは成功するだろうか?答えはノーだ!

 

クリス・ミラー国防長官代理からの警告

 

特殊作戦部隊の特定のセクタは、現在、クリス・ミラー国防長官代理へ直接報告を行っている。彼らは、トランプと憲法と連携して、アメリカを内外の敵から防衛している。トランプ大統領は事態を掌握しており、戦線が引かれている。クラーケンは放たれ、そこは全てを入手する。特別部隊の隊員たちは現在、アメリカ国内の敵および国賊者たちを取り押さえるために展開している。

 

この報告「偉大なるリセットvs.偉大なる覚醒(Great Awakening)」の間で現在起こっている戦いについてはこのリンクで読める。

 

(記事後半については省略)

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。