最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【オピニオン記事】国防総省 vs. CIA フランクフルトで銃撃戦 ディープステートに対する隠密戦争が世界中で猛威

国防総省vs. CIA フランクフルトで銃撃戦 ディープステートに対する隠密戦争が世界中で猛威

Photo via Natura News

この記事をシェアする

マイク・アダムス筆|11月27日掲載|Natural News 

 

まさにこの瞬間、隠密戦争が世界中で猛威を奮っている。穴を穿とうとするトランプの国防総省(DoD)と国防諜報機関(DIA: Defense Intelligence Agency)対、CIAを動かしているブラックハット(悪者)のディープステート派閥との間で。

 

良いニュースは、トランプが勝っているということだ。

 

既に知られているように、国防総省は、CIAがフランクフルトで運営しているサーバ・ファーム(サーバが設置された施設)に奇襲作戦を仕掛けた。CIAが2020年の選挙に介入したこと(つまりドミニオン投票機械を使って選挙結果を不正操作するバック・ドア)を示す確たる証拠が保管されたサーバを保護するためだった。しかし今、サーバ・ファーム施設で銃撃戦があったという新たな情報が表面化してきている。これには米陸軍特殊部隊の複数のユニットが関与し、この施設を防衛するための緊急活動としてアフガニスタンから送り込まれた、CIAから訓練を受けた準軍事部隊と交戦した。

 

この銃撃戦で1人のCIA職員が殺害されたが、現在、彼は主流メディアで「ソマリアで殺害された」と報道されている。5人の米国陸軍兵士も殺害された。彼らは、エジプトで起きた「ヘリ墜落事故」で死亡したと説明されている。

 

【編集部:CNNは次のような報道を行っている】

CIA職員がソマリアの戦闘で殺害された

7人が殺害される。うち5人はアメリカ人。エジプトの平和維持部隊が関わるヘリコプター墜落で

 

死者がでたが、これら複数のサーバは国防総省により無事に押収された。そしてこれらサーバは、トランプ大統領のプライベートな諜報組織に引き渡された。この組織は、あらためてマイケル・フリン中将によって率いられている。彼は最近、恩赦を受け、彼のセキュリティー・クリアランス(機密取扱者の保全許可証)が回復したため、現在は最重要機密の情報を扱うことが許されている。

 

ここから話が興味深くなる

 

シドニー・パウウェル弁護士は、ジョージア州とミシガン州での訴訟において、専門家の証人たちを公表しようとしている。これら専門家の1人は、盗まれた票の詳細について手渡されている。この詳細情報は2つの方法で入手された:1)国防総省が運営している「クラーケン」サイバー戦争プログラム、そして2)複数回の奇襲作戦において確保されたこれらサーバの中から見つかった情報。(スペイン・バルセロナとカナダ・トロントにおいてもサーバ・ファームがあったと我々は聞かされている。)

 

これら証人の1人は、Dr.ケシャバーズ-ニア(Dr. Keshavarz-Nia)である。同博士は有名なサイバー犯罪調査員であり、米軍のスパイ防止活動(部隊)、そしてNSA(国家安全保障局)やCIAとも長年働いてきた経歴がある。

 

同氏は、シドニー・パウウェル弁護士にすでに宣誓陳述書を提出しており、このリンク先で見ることができる。

 

彼の声明には次が含まれている:

 

私は以前からすでに悪用可能な大規模な脆弱性を、DVS社(ドミニオン社)とES&S社(編集部注:米国に3つしかない投票機械メーカーの1社)に発見している。この脆弱性は、悪意ある工作員が、その組み込まれた秘密のバックドアを使って機密工作を実行することを許す。このバックドアは、インターネットを通して工作員が気づかれることなくシステム更新をしたりテストを実行することを可能にしている。しかし、これはまた、リアルタイムで票を移し替えたり、票を削除したり、票を追加するといった違法行為を実行するために利用することも可能である・・・私は、強い自信を持って、2020年選挙のデータが全ての激戦州において改変され、そしてその結果、トランプ大統領に投じられた何十万という票がバイデン副大統領に変換されたと結論づける。

 

これで全ての辻褄が合う:国防総省の部隊は、物理的なサーバを押収するために、サイバー戦争の武器(「クラーケン」)と機動部隊(米国陸軍配下の特殊部隊)を投入した。こうした作戦によって得られた情報は全て、国防諜報機関(DIA: Defense Intelligence Agency)の犯罪科学分析官によって復元されている。そしてそれはさまざまな専門家である証人たちに手渡されており、彼らは宣誓証言を行う準備ができている。そしてそれは、裁判所が、スウィング・ステート(激戦州)で行われた不正行為による票の操作(それによって作られた投票結果)を無効化する結果となる。

 

これが、トランプ大統領が300票以上の選挙人票を獲得し、大統領として2期目を確実なものにするシナリオである。もしこれが成功すれば、こうした暴露はまた、徹底的に民主党を崩壊させることにもなり、そして今回のサイバー戦争を試み、アメリカ合衆国政府を転覆させようとした試みにおいて、数千人もの国家反逆者たちは彼らが果たした役割のために刑務所へ行くという結果にもなる。

 

 

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。