最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

トランプ弁護団のジェナ・エリス弁護士がCOVID-19検査で陽性——先週金曜ホワイトハウスのパーティーに参加していた

トランプ弁護団のジェナ・エリス弁護士がCOVID-19検査で陽性——ホワイトハウスのパーティーに参加していた

左からマイケル・フリン中将、ジェナ・エリス弁護士、ジュリアーニ弁護士(Photo via Twitter)

この記事をシェアする

ジュリアーニ弁護士に続き、ジェナ・エリス弁護士もCOVID-19(武漢ウイルス)の検査で陽性結果が出たと周囲の人物に語ったと、左派メディアのAxiosが報じた。複数の人物が情報源という。

 

先週金曜、エリス弁護士はホワイトハウスで開かれた高官を集めたクリスマス・パーティーに参加していたため、ウェストウィングでは不安が広がっているとAxiosは報じている。

 

しかしこのパーティーに参加したときにエリス弁護士が他人を感染させるリスクがあったかは不明。

 

今週月曜夜、Axiosのジョナサン・スワン記者がエリス弁護士にテキスト・メッセージを送信し、ホワイトハウスの一部高官が彼女の陽性結果について快く思っていないというのは事実かと問い合わせを行った。このメッセージに対して、エリス弁護士は深夜12時を過ぎてメッセージを送るのは「失礼」と返信し、「あなたは私よりも情報を持っているのね。なぜなら私はそんなことを聞いていないから」と返事をしたとスワン記者は報じている。

 

その後、Axiosのスワン記者は彼女の検査結果について複数回の問い合わせを行ったが、エリス弁護士は返事をしていない。

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。