最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

リン・ウッド弁護士がジョージア州で起こした訴訟が連邦最高裁に受領される

リン・ウッド弁護士(Photo via NoQReport)

この記事をシェアする

テキサス州が、ペンシルバニア州、ウィスコンシン州、ミシガン州、そしてジョージア州の4州を相手取り連邦最高裁に起こした訴訟が棄却されたという速報が12月11日(金曜)夜、流れた一方で、この日、リン・ウッド弁護士がジョージア州で起こした訴訟が、連邦最高裁判所の「訴訟事件一覧表」に記載された。この訴訟は、選挙結果に大きな影響を及ぼす可能性がある。

 

この上告状の請願書(Petition for a Writ of Certiorari)は、ジョージア州の州務長官による票の認定を中止することを求めている。その根拠としているのは、彼が選挙の完全な手順を崩壊させる違憲契約に同意したため。この訴訟の本質として、選挙で投じられた票とその後の票の集計作業が、法の平等保護を許可しておらず、そのことにより州法、州の憲法、そしてアメリカ合衆国憲法に違反しているとウッド弁護士は主張している。

 

ジョージア州のブラッド・ラッフェンスパーガー州務長官を相手取り起こした訴訟が、ようやく連邦最高裁の「訴訟事件一覧表」に記載されたことをリン・ウッド弁護士はツイッターで報告している:

【訳】ついに、(訴訟が)連邦最高裁の(係属中の)訴訟事件一覧表に記載された!

 

そしてさらに次の投稿を行っている:

【訳】私はこの訴訟を自分1人(個人)で起こした。時間が重要だったからだ。ジョージア州の選挙は違法だった。これは、我々の直接投票の価値を希薄化し、法の平等保護に違反した。

 

私の訴訟案件が成功するかはわからない。しかし、大切な投票する権利は、「我々人民」を構成する各個人に帰属している。

Gab(ギャブ)でフォロー
この記事をシェアする

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。