ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

オーストラリア政府が中共に大反撃——世界中で活動している中共スパイの全名簿をリーク——さらなる衝撃波が予想される

オーストラリア政府が中共に大反撃——世界中で活動している中共スパイの全名簿をリーク——さらなる衝撃派が予想される

シャリ・マークソン司会者(Screenshot via Sky News)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/khwcW (『https://』は省略可能です)

オーストラリアのテレビ局Sky Newsが、200万人近いチャイナ共産党(CCP)の党員に関する詳細情報がリークされたと報じた。リークされた情報には、現在も世界中で活動している共産党員(スパイ)の情報も含まれている。これは、習近平の指導体制の下、チャイナ共産党がどのように工作活動を行なっているか、その「蓋(ふた)」を開けてしまったとSky Newsの司会者であるシャリ・マークソン氏が報じた。

 

リークされたのはチャイナ共産党員の登録情報であり、氏名、党内の役職、生年月日、国民ID番号、そして出身民族が含まれており、一部は電話番号もあるとシャリ・マークソン司会者は語った。さらにマークソン司会者は番組内で次のように語っている:

これは、この種のものとしては世界で初のリークと考えられています。

 

このデータ・ベースについて驚きなのは、(チャイナ)共産党の党員である人々について暴露しているだけではなく、誰がオーストラリアから米国、そして英国にいたるまで世界中に住み、そこで働いているかを暴露していることです。・・・

 

これは驚きです。なぜなら、習近平の指導体制の下、チャイナ共産党がどのように工作活動を行なっているか、その「蓋(ふた)」を開けてしまったからです。

 

リークされた情報は、チャイナ共産党(CCP)の支部が世界的な大企業の一部や、政府機関の内部にすらも組み込まれていることを証明しているとマークソン司会者は語っている:

共産党の支部が、西側企業の内部に設立されており、これら企業がCCPの党員たちによって浸透工作を受けることを許してしまっている。これらCCPの党員たちは、要請を受ければ、直接、チャイナ共産党、その主席である彼本人に報告する能力がある

 

195万人にのぼる共産党員——そのほとんどは上海出身——について、彼らの個人を特定できる詳細情報と併せて、7万9000件にのぼる共産党支部——その多くは企業内部に設立されている——が存在している。

 

マークソン司会者は、今回の情報のリークは、重大なセキュリティー侵害であり、習近平の顔に泥を塗るものであるとも語った。

 

このデータベースは、2016年4月、チャイナ国内の反体制派から提供され、対スパイ工作に利用されてきたとマークソン司会者は語っている。また、中共政府による西側へのスパイ工作は、上海がハブになっているとも語った。また、中共政府が、人民解放軍の兵士を実験台に使って「スーパー・ソルジャー」を開発していることについても触れている。

 

【訳】このデータ・ベースは「本物」であり、動揺させるものである。チャイナ共産党の党員に関する詳細情報のリストである。

 

米国メディアと政治家たちは、この報道を隠蔽した。そしてレッド・フラッグを上げるためにほとんど「何も」しなかった。この報道は、民主党を標的としたチャイナのスパイについてAxiosがスクープ報道を行っている最中に行われた。

 

(添付された画像は、流出したチャイナのスパイ・リストの実物、そのほんの一部。)

(編集部:カリフォルニア州選出のスウォールウェル下院議員に対してチャイナがハニー・トラップを仕掛けたことについてはここで報じた。)

 

このSky Newsがこのニュースを報道している動画はここで視聴することができる:

【訳】「チャイナ共産党の公式記録が大規模リーク。この種のものとしては世界で初めてのリーク」。

 

ジェンファ・データ(Zhenhua Data)社の240万人という大規模なデータベースが『リーク』された。このリストには、オーストラリア人、英国人、アメリカ人が含まれている。

 

【訳】「チャイナは、間違いなく国内と外国の両方において大規模な監視国家を構築している」と、このリークに関する9月の報告書の中でボールディング教授はABCに語っていた。

 

キー・ポイント(添付画像):

 

■ 240万人の氏名とプロフィールがこのデータベースに記載され、その中には3万5000人のオーストラリア人が含まれている

 

■ このデータベースを構築した企業は、チャイナの政府と軍とにつながりがある

 

■ 今回のリークは、チャイナの情報収拾工作の範囲と規模に関して、さらなる疑問を投げかけている

 

 

【訳】これは、本件を最初に報じた元の報道の一つ

 

当然、このデータベースには日本人や、日本で活動する中共工作員の氏名も含まれていることが予想される。アメリカ政府内部や、グーグル、ツイッター、フェースブックの内部に潜む工作員も、これで炙り出される可能性がある。

 

オーストラリアのSky Newsは、このリークされたデータベースにある氏名をまもなく全て公開する予定である報じている

 

【追加情報】

200万人近い中共スパイの名簿がリークされたと昨日報じた。そのリークされた名簿から、中共スパイの浸透工作を受けている英国組織として、アストラゼネカ社、ロールスロイス社、HSBC、ジャガー・ランドローバー社、そして英国の領事館や大学が判明したと報じられた。 中共の浸透工作を受けた企業の中には、国防関連企業も含まれているという。 中共に一生を尽くし、絶対に裏切らないと宣誓した共産党員が、英国領事館で勤務していたと報じられている。 無料英文記事:

— Official BonaFidr Monday, December 14, 2020

 

 

 

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。