ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ANTIFAとプラウド・ボーイズがワシントンDCで衝突——4人が刺され23人が逮捕される

ANTIFAとプラウド・ボーイズがワシントンDCで衝突——4人が刺され23人が逮捕される

プラウド・ボーイズ(12月12日撮影:Photo via Flickr)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/l61Th (『https://』は省略可能です)

12月12日(土曜)、トランプ大統領を支持する大規模集会『100万人MAGA行進(“Million MAGA March”)』の2回目が、今週末ワシントンDCで開かれた。それが終わった後の夜になって、左翼グループのANTIFAと右翼グループのプラウド・ボーイズ(Proud Boys)との間で衝突が発生した。

 

11thストリートとFストリートの交差点近くで、少なくとも4人が刺された。刺された人たちは「重傷を負い、近くの病院に搬送された」とWUSA9が報じている

 

ワシントンDC市警は、この衝突の際に、複数の警察官が負傷したと発表した。さらに、警察は少なくとも23人を逮捕したとも報じられている。

 

エポックタイムズ(英語版)は次のように報じている

どの(警察)当局がこれら個人を逮捕したのかは不明であるが、現場で記者たちが撮影した動画には、プラウド・ボーイズとみられる抗議デモ参加者たちと「対立する抗議デモ参加者たち」が逮捕され警察車両に乗せられている様子をとらえている。

 

こうした衝突の様子は一般市民たちにも動画撮影され、ネットに投稿されている。

 

これは「一匹狼のデモ参加者が複数のプラウド・ボーイズたちと衝突状態となり、少なくとも1人のプラウド・ボーイが刺される様子」。

 

 

この2グループの衝突は、夜になるにつれて激化して行ったと報じられている。

 

RTニュースは次のように報じている

 

しかし、日が暮れると、両サイドはより小規模グループに分散し、ワシントンDCのダウンタウンをうろつき始め、敵対側と争いを始めた。互いに催涙スプレーをかけ、そして警官にも催涙スプレーをかけられた。

 

Newsmasの記者であるジェームズ・クルーグ氏は、プラウド・ボーイズの1人が「刺されたとされる」現場に救急車が停車する様子を撮影した動画を投稿している。

 

 

また、別の動画では「刺された」と声をあげている人物が、大きな争いに巻き込まれる様子をとらえている。

 

 

ANTIFAが何か危険物を警察に向かって投げている様子。

 

ANTIFAが花火を警察隊とプラウド・ボーイズに向かって投げている様子。

 

さらなる争いの様子。

 

世界最大のヘッジ・ファンドであるブリッジウォーター・アソシエイツの創業者で大富豪でもあるレイ・ダリオ氏は、今月初め、「米国は現在、収拾可能な国内の緊張状態から、革命もしくは内戦に発展する可能性がある分岐点にある」と分析している

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。