ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

バイデン勝利を拒否する共和党議員たちは「煽動と国家反逆罪に紙一重」と民主党の上院議員——リン・ウッド弁護士は「リベラルたちは注意せよ」とツイートし改めて「戒厳令」の発動を大統領に求める

バイデン勝利を拒否する共和党の議員たちは「煽動と国家反逆罪に紙一重」と民主党の上院議員——リン・ウッド弁護士は「リベラルたちは注意せよ」とツイートし改めて「戒厳令」の発動を大統領に求める

「リベラルたちは注意せよ」(Image via Lin Wood's Twitter)

この記事をシェアする

ジェン・シャヒーン上院議員(ニューハンプシャー州選出・民主党)は、左翼メディアのCNNに出演し、次期大統領であるジョー・バイデンの勝利を受け入れ拒否する共和党の議員たちは、「煽動と国家反逆罪に紙一重のところにいる」と語った。

 

シャヒーン上院議員は、次のように語った:

上院議員として奉仕している我々一人一人は、アメリカ合衆国憲法を支持し擁護するために宣誓している。合衆国憲法の中で最も根本的原理であるうちの一つは、平和な権力の移譲だ。

 

我々は自由で公平な選挙を行った。それによってジョー・バイデンが700万票以上の差をつけてドナルド・トランプを打ち負かしたと認めることを拒否するこれら上院議員および下院議員たちは、煽動と国家反逆罪に紙一重のところにいる。

 

この時の動画がツイッターに投稿されている:

【訳】ジェン・シャヒーン上院議員(ニューハンプシャー州選出・民主党)の発言:「我々は自由で公平な選挙を行い、それによってジョー・バイデンが700万票以上の差をつけてドナルド・トランプを打ち負かしたと認めることを拒否するこれら上院議員および下院議員たちは、煽動と国家反逆罪に紙一重のところにいる・・・」

 

シャヒーン上院議員が共和党の連邦議員たちにかけている容疑は重大なものである。なぜなら、米国に対する反逆罪で有罪となった者は、「死を遂げるだろう(shall suffer death)」と規定されているからだ。しかし、不正選挙の証拠があることを知りながら、故意に不正選挙による結果を受け入れさせようとする行為もまた、煽動と国家反逆罪にあたるのではないだろうか?シャヒーン上院議員は危険な賭けをしているのかもしれない。

 

マット・ゲイツ下院議員(フロリダ州選出・共和党)は、1月6日に開票が行われる選挙人票に異議を唱えるつもりだと発言している。これをNewsmaxが12月20日(日曜)報じた。コアなトランプ支持派として有名な若手議員のゲイツ下院議員は、次のように語っている:

1月6日、私は連邦議会の闘士たちに加わるつもりだ。そして私たちはクリーンな選挙を行わなかった州からの選挙人団に異議を唱えるつもりだ

 

ゲイツ下院議員は、新たに当選したトミー・チューバービル上院議員(アラバマ州選出・共和党)が、下院議員たちが計画しているこの異議に加わる予定だとも語った。

 

* * *

 

一方、「我々人民(We the People)」を代表して不正選挙訴訟を起こしているリン・ウッド弁護士は、12月19日(土曜)、トランプ大統領に直接「戒厳令」を発動することを呼びかけるツイートを投稿した。(シャヒーン上院議員による挑発的な発言に直接反応したものではないが、奇しくも彼女のようなリベラル派たちに警告する内容となっている。)

 

【訳】愛国者達は、今晩、祈っている。トランプ大統領が係争中の州で戒厳令を敷き、犯罪科学的な鑑定を行うために投票機械を押収し、そして不正選挙を捜査するための特別弁護士にシドニー・パウウェル弁護士を任命することを。

 

我々の国は、2020年選挙についての真実を知らなければいけない。

 

我々はそうしなければいけない。

 

(添付された画像のメッセージ)リベラルたちは注意せよ—愛国者たちはまだ始めたばかりだ。

 

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。