ニュースレター登録

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ナッシュビル爆破事件の重要参考人を特定し家宅捜索を行う——63歳のアンソニー・クイン・ワーナー。過去に爆発物取扱資格あり

ナッシュビル爆破事件の重要参考人を特定し家宅捜索を行う——63歳のアンソニー・クイン・ワーナー。過去に爆発物取扱資格あり

ワーナーの自宅の家宅捜索を準備する連邦職員たち

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/v3Ipf (『https://』は省略可能です)

クリスマス当日に発生したテネシー州ナッシュビルの爆発事件で、警察当局は、同州在住のアンソニー・クイン・ワーナー(63歳)を重要参考人として特定した。CBSニュースがこれを最初に報じた。

 

【訳】CBSニュース。独占スクープ

 

CBSニュースは、クリスマス当日にナッシュビルを揺るがせた爆発事件に関係した重要参考人(単独または複数人)を警察が特定したという情報をキャッチした。

 

事件翌日の26日、警察はテネシー州ナッシュビル地域にあるアンソニー・クイン・ワーナーの自宅を家宅捜索した。CBSの取材に答えた人物は、アンソニー・クイン・ワーナーが似たモデルのRV車を所有していたと語った。またグーグル・マップにそのRV車が映った写真が一般に公開されている。

 

ザ・ポスト・ミレニアルの編集長、アンディー・ンゴ氏のツイート:

【訳】速報:ナッシュビルのクリスマスに起きた爆発について重要参考人である「アンソニー・クイン・ワーナー」、彼と関係する住所をグーグル・マップで検索したところ、(同じ)RV車が映っている可能性がある。

 

 

【訳】警察当局が、現在、敷地内に入って家宅捜索中:

 

ワーナーの自宅へ家宅捜索を行う捜査員たち

(Photo courtesy of AP)

 

■ アンソニー・クイン・ワーナー(63歳)について

 

(アンソニー・クイン・ワーナー:高校の卒業写真から – Photo: Antioch HS yearbook via heavy.com)

 

未婚であるワーナーの履歴を調べたところ、過去に爆発物取扱業者として登録していたことが判明している。テネシー州政府の公式サイトによると、アンソニー・ワーナーは2013年11月26日に爆発物取扱業者として登録し、そのライセンスは2016年11月25日に失効している(以下の画像)。

 

 

また、ワーナーは、1993年11月29日に、Custom Alarms & Electronicsという会社名で警報機の下請け業者としても登録を行なっていたが、このライセンスは1998年11月30日に失効している(ライセンス番号:191)。

 

そしてさらに奇妙な情報が見つかっている。ワーナーは、爆発事件からちょうど1ヶ月前となる11月25日に、自宅を「売却」していたことが判明している。売却先は、ロサンゼルス在住のミシェル・スウィング(29歳)さん。しかも売却金額は0ドル(無料)だった。

【訳】これ以上奇妙なことはないかのように、ナッシュビル爆破の容疑者、アンソニー・クイン・ワーナーの自宅(近隣住人たちはこの自宅にあのRV車が何年間も駐車されていたのを目撃している)は、爆発のちょうど1ヶ月前にミシェル・スウィングに売却されていた。彼女の住所はカリフォルニア州ロサンゼルスと記載されている。

 

売却価格は0ドル。

 

彼の住宅売却後、このRV車はこの住所ではずっと目撃されていなかったが、ナッシュビルのダウンタウンにあるセカンド・アベニューでは複数回にわたって目撃されていた。おそらく、アンソニー・クインは彼の自宅を(0ドルで)売却し、11月25日〜12月25日までこのRV車で生活していた。

 

この住宅の売買契約書に名前が記載されていたミシェル・スウィングさん(29歳)は、評価額16万ドル(約1600万円)の住宅は彼女に知らされることなく勝手に売買が成立していたと、英国のデイリー・メール紙の取材に語っている。売買契約書には、スウィングさんの署名は行われていないようだと報じられている。

 

スウィングさんは次のようにデイリー・メール紙に語っている:

テネシー州では、買い手の同意やその署名がなくても、資産を譲渡することができる。

 

私はこの住宅を購入すらしていない。彼はただ、私が知らないところでそれを私に譲渡した。なのでこれは全て、私にとってとても奇妙なこと。私が話せるのはそれだけ。

 

デイリー・ビーストの報道によると、ワーナーは、ベイカータウン・ロードにある別の住宅を、昨年、スウィングさんに譲渡している。

 

スウィングさんは、ワーナーと会ったことがあるかや、家族的なつながりがあるかについてコメントすることを避けた。「全てはFBIに連絡するよう言われている」とスウィングさんは語った。

 

■ ワーナーの所在

 

ワーナーは爆発で死亡した可能性があると報じられている。

 

【訳】警察当局の情報筋は、最も考えられる仮説はこの容疑者がナッシュビルでの爆発で死亡した可能性があるということだとCBSニュースに対して語っている。現場で発見された人の残留物について、それらがこの容疑者もしくは他の誰かのものであるかを判断するため、DNA検査を実施している。

 

ニューズウィークによると、当局は、ワーナーの母親から綿棒でDNAを採取し、爆発現場で回収された残留物と彼のDNAが一致するか調べる予定である。

 

当局者は、今回の爆発が自爆テロである可能性があるとCNNに語っている

 

■ 真相は?

 

しかし、爆発直前にミサイルのような発射物で攻撃があったように見える映像があることや、標的となったAT&Tビルには米軍の諜報機関であるNSA(国家安全保障局)のVoIPルータ・コンプレックス施設が入っていたことが指摘されている。2018年6月25日付けで掲載されたインターセプトの記事『盗聴ルーム』は、NSAのスパイ・ハブ施設が全米各地に隠されていることを報じており、ナッシュビルのこのNSAの施設でも、AT&Tの回線を使う通話やテキストを全て盗聴することが可能であると考えられている。

 

このAT&Tビルの前所有者がケルベロス・キャピタルであり、その元重役であるフータン・ヤグーブザデ(Hootan Yaghoobzadeh)氏は、現在、ドミニオン社の取締役員であることにも人々の疑惑の目が向けられている。捜査官たちがこの事実について捜査を行なっているかは不明。

 

今回の爆発が複雑な犯行であることから、これは単独犯ではないとする専門家の見解もある。

 

【追加情報】

地元テレビ局WSMV News4は、次のように報じた:

【訳】速報:WSMVによる調査により、FBI捜査官たちは、本日、アンソニー・ワーナーの自宅を捜査することに加えて、別の場所でも数日を費やしたことが確認された。彼は5Gネットワークがアメリカ国民をスパイしていたということについて被害妄想を抱いていたという情報を追っている。最新情報は、今晩10時にWSMVで報道。

(太字強調は編集部)

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。