ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ミッチ・マコーネル上院院内総務とナンシー・ペロシ下院議長がルール変更の「取引」を行っている——1月6日の選挙人票結果に異議を唱えることを阻止するため

ミッチ・マコーネル上院院内総務とナンシー・ペロシ下院議長がルール変更の「取引」を行っている——1月6日の選挙人票結果に異議を唱えることを阻止するため

ミッチ・マコーネル上院院内総務(右端)とナンシー・ペロシ下院議長(左端)(Photo via Flickr)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/vn48Q (『https://』は省略可能です)

ジョージア州で新たに当選を果たしたマジョリー・テイラー・グリーン次期下院議員(共和党)が、12月30日(水曜)、次の情報をツイッターに投稿した。

 

【訳】連邦議会界隈で話されている情報によると、私たちが選挙人団証明に異議を唱えることを阻止するために、ミッチ・マコーネル(上院院内総務・共和党)とナンシー・ペロシ(下院議長・民主党)はルール変更の「取引」を行うことで協力しあっている可能性がある。

 

アメリカの人々は、11月3日に起こった選挙詐欺について聞く権利がある・・・取引も隠蔽もするな!

 

この日、グリーン次期下院議員はNewsmaxに出演し、1月6日の議場で不正選挙の証拠を提示し、選挙人票の結果に異議を唱えるつもりであると語っている。

 

【訳】アメリカは、重要なことのために戦うことを惜しまない勇敢な人々によって建国された。

 

だから私は、1月6日、トランプのために戦うし、アメリカのために戦う。

 

私を番組に呼んでくれたエメラルド・ロビンソン記者とNewsmaxに感謝する!

 

 

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。