ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

アリババ創業者のジャック・マー氏が2ヶ月間、行方不明=欧米メディアのFT紙とYahoo!ファイナンスが報道

アリババ創業者のジャック・マー氏が2ヶ月間、行方不明=欧米メディアのFT紙とYahoo!ファイナンスが報道

ジャック・マー氏(Photo via Flickr)

この記事をシェアする

約1年3ヶ月前、アメリカのヘッジファンド・マネジャーのカイル・バス氏は、アリババの会長職を辞任したジャック・マー氏が「1年以内にいずれ投獄されるか『失踪』する可能性がある」とインタビューで語っていた。当時、本サイトもここでそのことについて報じていた

 

当時、カイル・バス氏が出演したインタビュー番組についての投稿:

【訳】亡命したビリオネアーの郭文貴は、ジャック・マーが引退することは投獄もしくは死で終わる可能性がある理由について、カイル・バスに語った。このインタビューの完全版を無料で視聴。

 

以下は当時、カイル・バス氏が投稿したメッセージ:

【訳】規則正しいジャック・マーは、彼の職位から強制的に引きずり下ろされ、彼の保有株式は剥奪され(同じ住所の「5人の匿名の個人」に譲渡され)た。彼は1年以内にいずれ投獄されるか「失踪」する可能性がある。これは、習近平と王岐山が、どんな中国人でも権力を持ちすぎた人を処遇するやり方だ。

 

カイル・バス氏は、アメリカで有数のチャイナ専門家として知られ、またチャイナ共産党(CCP)を舌鋒鋭く批判することでも知られる。そんなバス氏がこの「予言」を行ってから約1年3ヶ月がたった2020年の大晦日、その予言通り、アリババ創業者のジャック・マー氏が行方不明になっているとフィナンシャル・タイムズ紙が報じた。すでにジャック・マー氏は行方不明になっているという噂が流れていたが、欧米のメディアは同氏が消息不明となってから2ヶ月たって、ようやくそのことに気づいたようだ。年が明けた1月3日(日曜)、アメリカ版のYahoo!ファイナンスも、「チャイナのビリオネアー、ジャック・マーが行方不明の疑い」とようやく報じた

 

Yahoo!ファイナンスは、ジャック・マー氏が公の場で少なくとも2ヶ月間、目撃されていないと報じている。

 

米国のメディアも、ジャック・マー氏が「失踪」していることは、彼が中共政府の金融規制について批判したことや、その後、中共政府により突然キャンセルされたアント・フィナンシャル・グループのIPO計画が関係している可能性が高いと報じている。

 

ジャック・マー氏も共産党員であると報じられている。しかし、そのことが、中共政府により起訴や逮捕されない理由にはならない。むしろ、共産党員であるからこそ、汚職や共産党員としての規則を犯したという逮捕の口実に利用される可能性もある。

 

現在、一つだけジャック・マー氏について確実に言えることは、国際的にも名前が広く知られたビリオネアーが望むような快適な場所に、おそらく彼は今いないだろうということだ。

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。