ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【動画】トランプ大統領が1月7日に動画メッセージを発表——円滑な政権移譲を改めて約束

【動画】トランプ大統領が1月7日に動画メッセージを発表——円滑な政権移譲を改めて約束

Screenshot via Twitter

トランプ大統領は、1月7日(木曜)、凍結が解除されたツイッター・アカウントに、動画メッセージを投稿した。

 

この動画の中で、「新政権が1月20日に就任する。私が今注力するのは、確実に円滑で、秩序あり、途切れのない政権移譲にするということだ」と語った。さらに、違法行為による投票や詐欺行為があったとする自身の主張を追及するために、あらゆる法的手段を尽くしたとも語った。

 

さらに、「法を破った者たちへ、あなた方は代償を支払うだろう・・・怒りは冷まされ、そして平穏は取り戻されなければいけない」とも語った。

 

そしてトランプ支持者たちに対しては、次のように語った:

あなた方が落胆しているのはわかっている。しかし、我々の信じられないほど素晴らしい旅はまだ始まったばかりだ。

 

 

トランプ大統領のこれまでの行動パターンから、不利な状況にあるときは強がって見せ、逆に有利な状況にあるときは弱って見せると言われている。現在の状況は、敢えて全てを諦めてしまったように見える。しかし、「法を破った者たちへ、あなた方は代償を支払うだろう」というのは意味深な発言である。また、「あらゆる法的手段を尽くした」というのは、逆に考えると次は軍事法廷や超法規的措置に進むとも取れる発言である。

 

トランプ大統領の1期目が終わる1月20日正午まで、残された12日間と半日、トランプ大統領が何も行動を起こさないとは想像しにくい。だからこそ、ペロシ下院議長や、チャック・シューマー次期上院院内総務、そして左派メディアは、こぞって1月20日よりも前に大統領を引き摺り下ろそうと必死だ。

 

ペロシ下院議長は、トランプ大統領は「非常に危険な人物であり、大統領職を継続するべきではない」と語り、ポンペオ国務長官とムニューシン財務長官に憲法修正第25条を発動するよう呼びかけている。

 

チャック・シューマー上院議員(次期上院院内総務)は、ペンス副大統領に憲法修正第25条を発動するよう呼びかけ、もしそうしないなら、連邦議会がトランプ大統領を再び弾劾しなければいけないと投稿している。

 

そしてマティス元国防長官は、次のように語ったと報じられている:

【訳】たった今入った情報:マティス元国防長官は、米国はこの「汚点」を乗り越えるだろう、そしてドナルド・トランプは、「国を失った男」として取り残されるだろうと語った。

 

トランプ大統領を敵視する側の人たちが、まだ戦いは終わっていないと考えているのは明らかだ。

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。