最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

2人の連邦職員が内部告発する予定——「真実は獅子の如し」とプロジェクト・ベリタスのジェームズ・オキーフ氏が動画メッセージ

2人の連邦職員が内部告発——「真実は獅子の如し」とプロジェクト・ベリタスのジェームズ・オキーフ氏が動画メッセージ

プロジェクト・ベリタスのジェームズ・オキーフ氏(Screenshot via Project Veritas)

この記事をシェアする

1月6日(水曜)、米連邦議会は、ジョー・バイデン候補を次期大統領として選出証明を行い、それを受けてトランプ大統領が1月20日に「秩序ある政権移譲」を約束する声明を発表した。しかしトランプ支持者たちに対して、まだ戦いは終わっていないことを告げる力強い動画メッセージを、プロジェクト・ベリタスのジェームズ・オキーフ氏が投稿した。

 

プロジェクト・ベリタスのジェームズ・オキーフ氏は、郵便票の消印の改竄が行われていると内部告発を行なった郵便局員について報じたり、こうした内部告発者を連邦捜査員が脅迫していることを暴露している。また、最近ではCNNの社内会議の音声を公開してフェイク・ニュースの正体を暴くなど、オールドメディアが報じない真実を伝えることで定評がある。

 

これは1月6日に投稿されたジェームズ・オキーフ氏による「真実は獅子の如し」とコメントの添えられた動画メッセージ:

【訳】

ジェームズ・オキーフです。今、首都にいます。夜の9時です。今日はクレイジーな1日でした。

 

私は、今日、人々から多くのメッセージを受け取りました。それらメッセージは、もう何もかもどうでもよくなった、というものです。この国で、私たちが変えることができるものは何もない、既に明らかにされていること(不正選挙の証拠)について誰も興味がない、というものです。

 

今日、私は2人の内部告発者と面会したということをお話ししましょう。彼らは連邦機関の職員です。どの機関であるかは、伏せておきます。彼らは、この先、数ヶ月にわたって、政府内部で起こることを全て記録すると私に情報提供してくれました。

 

過去24時間に起きた出来事によって、彼らがどれほど突き動かされ、やる気に満ちているかを見て、私はとても感銘を受けました。彼らが行動しようとしていること、既に行動していること以外に、選択肢はないということに彼らは気がついた。そして彼らは、それを実行するのは今であることに気がついた。それは彼らによる行動のようなことにかかっている。

 

人々から、もう何もかも関係ない、暴露しても意味がない、誰も刑務所に行かない、誰も処罰を受けない、というメッセージを受け取っています。しかし私はこう考えています。政府内部の人間たちが、今、恐れている唯一のこと、唯一重要で意味のあることは、彼らの秘密が暴露されることです。私たちの連邦議会や、連邦政府、メディアの内部で、本当は実際に何が起きているかを暴露することは、これから事態を変えることができる唯一のことだと私は思います。彼らは、それ以外については全く恐れていませんが、これだけは恐れている。裁判所の判事や政治家たちですら、彼らに圧力をかけて従わせていることが暴露されるのを恐れている。これこそ、彼らが恐れる唯一のことです。

 

だから、私たちは彼らに対してリアクションを取るのはもう止める必要がある。私たちは、不満を口にし、虚しく感じ、もうどうでも良いと感じるのを止める必要があります。真実とは、私たちは彼ら(の動き)にリアクションするのを止め、逆に、彼らに私たちの動きにリアクションを取らせる必要があるということです。これこそがあるべき戦略です。これこそ、ゲリラ・ジャーナリズムであり、内部告発です。彼らに、私たちの行動にリアクションを取らせるのです。彼ら全員の暴露を行うことこそ、私たちの国の歴史において、現時点で変化を起こすことができる唯一の方法です。

 

これが、今日、私が面会した人たちがやろうとしていることです。これは事態を変えるでしょう。これは総意を生むでしょう。実際、小さな総意を一つにまとめあげるでしょう。

 

不信感や絶望に打ちひしがれる声、もうどうでも良くなった、すべて終わりだという声が聞こえてきますが、私は、今回のことが、実際、私たちが何か意味のあることを実行する絶好の機会だと思っています。特に、今日、彼ら2人と話をした後では。

 

聖アウグスティヌスが言ったように、真実は獅子のようなものです。もし真実を解放し、それをとても力強く意味のある方法で示せば、これは世の中に知らしめる卓越効果を生み出すことができます。なぜなら、上院、選挙に当選した政治家たち、次々と入れ替わる政治家たちとともにある政権は、真実ほど卓越したものではないからです。それこそが、プロジェクト・ベリタスの存在意義です。なにがあっても、真実(=ベリタス)こそが全てです。プロパガンダ領域において、調査報道を行うレポーターが何よりも重要です。

 

ですので、続報を楽しみに待っていてください。2人の勇敢な魂が、今日、私に会いに来てくれました。私は深く感情を刺激されました。そこには、彼らが実行したようなことを行っている、やる気を奮い立たせてくれる大勢の人たちがいます。

 

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。