最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【写真】ワシントンDCのナショナル・モールに大量の小さな「旗」が敷き詰められる——人が集まらず閑散とした大統領就任式になるのを見越したバイデン政権移行チームの計画か?

【写真】ワシントンDCのナショナル・モールに大量の小さな「旗」が敷き詰められる—— 人が集まらず閑散とした大統領就任式になるのを見越したバイデン政権が準備か

ナショナル・モールに「植えられた」大量の旗(Photo via @robbystarbuck)

この記事をシェアする

明日1月20日(水曜)の大統領就任式を前に、議事堂まで続くワシントンDCのナショナル・モールに大量の小さな「旗」が敷き詰められた。

 

これらの小さな「旗」は、赤、青、白の3色で、アメリカ国旗の色となっている。

【訳】非常に暗いある種の悲喜劇のような感じで、これはある種のお笑い草だ。バイデンと彼のスタッフたちは、大統領就任式に本物の人間たちを呼ぶことができないため、閑散と見えないようにするために旗を植えた。

 

【訳】バイデンが話をするとき、偽の拍手の効果音を彼らが挿入する確率はどれくらいあるだろうか?

 

バイデンのイベントに人が集まらないのは、選挙キャンペーンの時から既に始まっている。

(Photo via MichaelSavage.com)

 

(Photo via Pacific Pundit)

 

Gab(ギャブ)でフォロー
この記事をシェアする
error: コンテンツは保護されています。