最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【告発者の証言動画】狂気かそれとも正気か——リン・ウッド弁護士が命がけで真実を語る内部告発者の証言動画を公開:「ロバーツ最高裁判事とペンス副大統領は、今日、辞任しなければいけない」

【告発者の証言動画】リン・ウッド弁護士が命がけで真実を語る内部告発者の証言動画を公開——「ロバーツ最高裁判事とペンス副大統領は、今日、辞任しなければいけない」

リン・ウッド弁護士(Photo via Elijah Novelage/Reuters)

この記事をシェアする

トランプ大統領が退任演説をする直前、リン・ウッド弁護士が動画と共に衝撃的な投稿を行なった。以下に、リン・ウッド弁護士のメッセージ原文と添付された動画を紹介する。

 

【訳】連邦最高裁のジョン・ロバーツ裁判長は、今日、辞任しなければいけない。過去数週間にわたって、私は、真実を語るために命をかけてくれた勇敢な内部告発者と面会してきた。ジェフリー・エプスティーンが、ロバーツの子供達の養子縁組を手配した。ロバーツは、この子供たちを利用して、権力と影響力を持つ陰謀団に入り込んだ。FBI、ロッド・ローゼンスタイン(元司法長官代理)、そしてCrowdstrikeはこの全てを知っていた。

 

上の動画の中で、この男性は、ロバーツ判事の2人の養子は、遺伝的には兄・妹(もしくは姉・弟)ではないが、兄弟として育てられたため彼ら(ロバーツ判事たち)にとって利用価値が高いと語っている。そしてジェフリー・エプスティーンの人脈を通すことで、アイルランドの孤児院から引き取られたという素性を隠蔽してこの子供たちはロバーツ判事の養子になったと語った。その子供の1人は元々、ウェールズ出身。「汚い策略」に利用するために、この子供たちはロバーツ判事に養子にされたと語っている。「こうした子供たちは、特定のインナー・サークル(富裕層・権力者集団)に入り込むための『商品』として利用された。自分も彼らと同様に腐敗していることを見せれば、彼らは信用してくれる。自分の子供であれ、養子であれ、彼らに提供する」と語っている。彼の証言を裏付ける動画を、FBI、ロバーツ判事、ロッド・ローゼンスタインが持っており、(当時FBIにいた)ショーン・ヘンリーはこの動画のコピーを2本持っていると彼は語っている。「ショーン・ブリジズがこの動画を暗号化し、その暗号鍵を渡した」、と彼は続けた。

 

【訳】ペンス副大統領は、今日、辞任しなければいけない。ペンスは、FBIが撮影した複数の動画に映っている。(連邦最高裁)判事たちを殺害することについて複数回の議論で。ロバーツも関与していた。ヒラリー・クリントンもだ。

 

この男性の証言:「この動画に映っているのは、ペンスと2人の恋人、そして若い人たち。ロバーツの子供たちに対して違法な監視が行われていた。子供たちが一緒にいた人たちが誰であれ(彼らは監視されていた)。彼らは罠にはめられた。ロバーツ判事の子供たちと一緒にいたところを暴露されるかもしれないということを、彼らは知った。・・・この子供たちは、生まれた時から虐待されてきている。彼らは(ロバーツ判事の養子になる前から)すでに地獄のような日々を過ごして来た・・・」

 

【訳】ヒラリー・クリントンは、2016年の選挙で自分が不正を働いたと思っていた。彼女の選挙後の計画は、彼女が判事たちを不正に選定できるように、連邦判事たちを殺害することだった。米国連邦最高裁判所が標的にされた。FBIが加担した。

 

 

 

【訳】スカリア最高裁判事は、裁判官たちを殺害するこの計画を知った。彼はホワイトハウスにこのことを報告した。その直後、スカリア最高裁判事は殺害された。

 

上の動画の中でこの男性は、殺害に使う毒物はターゲットにされる人の持病や特徴に応じて調合され、自然死に見えるように実行されたと語っている。休暇期間を利用して、3人の男性がスカリア判事の殺害を実行したと語っている。ロッド・ローゼンスタインだけでなく、オバマやヒラリーもこの殺害計画を知っていたとこの男性は語った。この計画は、元々ヒラリー政権第1期目の下で実行されるはずだったという。

 

【訳】私は、この内部告発者の全インタビューを米国シークレットサービスのエージェントたちに既に提出している。彼の証拠は、政府の最高レベルにおける邪悪さ、性的倒錯、そして犯罪のレベルを暴露している。これらはあまりにショッキングであるため、信じることが難しいほどだ。

 

これを信じろ。

 

この内部告発者は、真実を与える者だ。彼が話すときは、慎重に聴け。

 

【訳】この内部告発者は、残酷な拷問を受けてきた。そして彼と彼の妻は死の恐怖の中で生きてきた。犯人たちは、彼らの脅しがこの男性を黙らせたと考えていた。さらなる非常に不利な証拠が、メリーランド州の連邦裁判所で、「国家安全保障」のためといわれる理由により封印されていた。この内部告発者に対して、偽の起訴が行われた。彼は、命のリスクを冒して真実を話す決心をした。彼は、神を信じる者としてそうした。彼は英雄だ。この真実を明らかにするという彼の勇気のために、彼が恩赦を受け、称えられることになることが時間的に間に合うことを私は祈る。もしFBIやその他の極悪な人物たちが、今、彼を傷つければ、彼らはただただ、自分たちをさらなる罪で告訴し、自分たちの有罪を証明するだけになるだろう。この勇敢な男、内部告発者を、旧約聖書・詩編第91編が守ってくれるよう祈りを捧げよう。

 

【訳】「全ての嘘は明らかにされるだろう」

 

▼以下はバックアップ用の画像(テレグラムがリン・ウッド弁護士の投稿を削除してしまう可能性があるため):

 

 

 

 

Gab(ギャブ)でフォロー
この記事をシェアする
error: コンテンツは保護されています。