最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

トランプ大統領は14人の家族にシークレット・サービスの警護をつける命令を下してホワイトハウスを去る

トランプは14人の家族にシークレット・サービスの警護をつける命令を下してホワイトハウスを去る

トランプ家(Photo via Flickr)

この記事をシェアする

トランプ大統領が1月20日にホワイトハウスを去る数日前、この先6ヶ月間、個人的な費用負担なく、米国シークレット・サービスによる警護を彼の家族につける命令を下していた。1月20日にワシントンポスト紙が報じた

 

この計画についてブリーフィングを受けた3人からの話として、トランプ大統領は大統領退任後にも適用されるシークレット・サービスによる警護を、彼の4人の成人した子供たちやその2人の配偶者たちにも適用する命令を発令した。

 

連邦法の下では、大統領職を退任した後、自動的に警護の対象となるのはトランプ氏自身、妻のメラニア夫人、そして14歳の息子バロンさんの3人だけである。トランプ夫妻は生涯、シークレット・サービスによる警護を受け、バロンさんは彼が16歳になるまで警護を受ける資格がある。

 

トランプ大統領は、3人の閣僚であるスティーブン・ムニューシン元財務長官、マーク・メドウズ元大統領首席補佐官、そしてロバート・C・オブライエン元国家安全保障問題担当顧問にも、6ヶ月間の警護サービスを継続して受けられるよう発令した。

 

マイク・ペンス元副大統領と妻のカレン・ペンス夫人は、同様の連邦法の下、6ヶ月間シークレット・サービスによる警護を引き続き受ける。

 

 



 

 

 

Gab(ギャブ)でフォロー
この記事をシェアする
error: コンテンツは保護されています。