最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

大統領就任式の前日、米国当局がニューヨークにあるロシア総領事館の電話回線を切る=報道

米国当局がニューヨークにあるロシア総領事館の電話回線を切る——大統領就任式の前日

ニューヨークにあるロシア総領事館(Photo via Flickr)

この記事をシェアする

ロシアの国営報道機関RIAは、米国がニューヨークにあるロシア総領事館の電話回線を切ったと報じた。

 

RIAは、外交任務に就いている複数のロシア政府関係者を引用して報じた。彼らは1日以上、電話回線が切られていると語っている。

 

RIAはこれ以上の詳細な情報は報じていない。しかし、ジョー・バイデンの大統領就任式の前日に電話回線が切れたという事実から、様々な憶測が流れている。

 

RIAの報道を受けて、ロシアのSputnikも次のように報じている

ニューヨークにあるロシア総領事館は、1月18日以降、アメリカ政府当局により市の電話回線から完全に切断されていると、領事館が公式ツイッター上で記した。この領事館は、インターネット接続にも時折、障害が発生していると付け加えている。

 

ニューヨークのロシア領事館で勤務する情報源の人物は、回線切断の理由は技術的な問題であると米国当局は説明していると語っている。しかし、この情報源によると、電話回線の復旧に2日間もかかっているということは「前代未聞」だという。ニューヨーク市にある同領事館には、いくつかの電話回線が引かれているが、その全てが同時に接続不可能になったとこの情報源は付け加えた。

 

ロシア総領事館がツイッターに投稿したメッセージ:

 

* * *

 

ロシアといえば、民主党の指導層たちや主流メディアは、改めてて1月6日に発生した議事堂での暴動を、ロシアの諜報機関や彼らがSNS上で仕掛けた「影響工作」につなげようと試みている。

 

ナンシー・ペロシ下院議長の「ポッドキャスト」に出演したヒラリー・クリントンは、トランプ大統領がウラジミール・プーチン大統領の指示を受けて、議事堂への急襲を煽動したと示唆した。

 

ヒラリー・クリントンは次のように投稿している:

【訳】

ペロシ下院議長と私は同意する:

 

連邦議会は、トランプが持つプーチンとのつながりについて判断するために、9/11委員会のような捜査組織を設立する必要がある。私たちの国家安全保障にもたらされたダメージを修復し、操り人形が大統領職に2度と就かないよう阻止できるように。

 

これに対して、多くの批判コメントが寄せられている:

【訳】BlueAnon*(民主党Anon)って聞いたことある?ほら、ここで民主党トップ2人が、MAGA(Make America Great Again)暴動の前にトランプがプーチンと話をしたと憶測を話している。そして彼女たちは、トランプとプーチンのつながりに関して9/11式の委員会を立ち上げるよう呼びかけている(FBIと連邦議会が行なった捜査は不十分だったようだ)。

 

このカルト・グループのマントラ(信念)はこうだ:「すべての道はプーチンに続く」。

(*アメリカの保守派の間で広まっているQAnonブームは陰謀論であるとして、ツイッターやフェースブックは関連アカウントやページを一斉削除している。それを揶揄して、民主党/リベラルの間で広まっている陰謀論をBlueAnonと呼んでいる。)

 

【訳】ツイッターは、陰謀論に対する新たな取り締まり対象に、ロシアゲートも含めるつもり?ジャック?

 

【訳】この錯乱したBlueAnonの狂気について、その一言でも信じるほど白痴な人たちがいるということに私は恐怖を覚える。

なんというホラー・ショー。

 

【訳】BlueAnonは本当だ。そしてこれは滑稽だ。

 

【訳】ヒラリーの心理セラピスト:「ごめんなさい、でもあなたに質問させて。プーチンは・・・まさに今、私たちがいるこの部屋にいるのかしら?」

 

【訳】この2人が、不和を植え付けようとする意図を持って危険なデマ情報をツイートしたという理由で、ツイッターが両者のアカウントを凍結しないのは奇妙だ・・・

Gab(ギャブ)でフォロー
この記事をシェアする
error: コンテンツは保護されています。