最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

保守系ジャーナリストのアンディー・ンゴ氏が米国から英国へ避難——ANTIFAから複数回にわたる殺害予告を受け

保守系ジャーナリストのアンディー・ンゴ氏が米国から英国へ避難——ANTIFAから複数回にわたる殺害予告を受け

2019年6月29日にANTIFAに暴行を受けた直後にインタビューに応じるアンディー・ンゴ氏(Screenshot via WSJ Opinion)

この記事をシェアする

オレゴン州ポートランドを拠点に活動してきたジャーナリストのアンディー・ンゴ氏(Andy Ngo)が、ANTIFAテロ集団から度重なる殺害予告を受け、ついに米国を脱出した。

 

アンディー・ンゴ氏は、米国の北西太平洋岸を中心に活動しているANTIFAによる暴力行為を克明に取材してきた。そしてその取材中、ANTIFAから目をつけられたンゴ氏は、彼らからひどい暴行を受け入院する事態にもなっていた。

 

1月23日(土曜)、オーストラリアのテレビ局Sky News Australiaとのインタビューの中で、ンゴ氏は次のように語った:

私のホームタウンであるオレゴン州ポートランドは、アメリカのANTIFAの震源地になっています。(アメリカの政治家たちは、1月6日に議事堂で起きた暴動は非難したのに)昨年、私の地元が文字通り包囲された時、彼らは沈黙した。

 

それどころか、彼らは実際、クラウド・ファンディングを受けた一部の組織的活動を支援すらした。

 

この時のインタビュー動画:

 

ンゴ氏は、ますます暴力的な殺害脅迫を受けているとSkyに語っている:

これまでに何ヶ月にもわたって、ますます多くの暴力的脅迫が私に対して行われている。ANTIFAの過激主義者たちが私を殺害すると公言している。

 

こうしたことは、私を酷く苦しめています。そのため、私の両親が政治難民としてやってきて定住したこの国そして自宅を、私は一時的に去らなくてはいけなくなりました。

 

ンゴ(Ngo)というのはベトナム系の名前である。

 

保守系ニュースサイトThe Post Millennialの報道記者であるンゴ氏は、2019年7月、ANTIFAのテロリストたちに暴行を受け、貴重品を盗まれる被害に遭っている。この時、暴行を行った者たちはンゴ氏に液体を浴びせかけているが、警察はこれが瞬間的に固まるセメントであると判断している。この時の暴行による怪我から、ンゴ氏は入院している。

 

当時、ンゴ氏がANTIFAから暴行を受ける様子が動画に撮影されている:

 

ンゴ氏は、この時、救急医療室に入院した時の写真を投稿している:

 

 

ンゴ氏がANTIFAに暴行を受けた時の別の動画:

 

アンディー・ンゴ氏を支援するための募金活動も行われている

 

RTは次のように報じている

一部のANTIFAメンバーは、ンゴ氏が「ファシズムを助長している」と批判しており、自分たちの氏名や逮捕された時の写真を掲載することで、彼らを危険にさらしていると批判している。ンゴ氏は、雑誌『ローリング・ストーン』によっても悪者にされ、この記事は彼のことを「右翼のストーカー」とレッテル貼りし、彼がANTIFAを「悪魔化」しようとしていると記している。

 

ンゴに対する憎悪の感情は、彼が執筆した書籍『Unmasked(マスクを剥がす)』の出版が近づくにつれ、明らかにエスカレートしている。この本は、ANTIFAの暴力の歴史を記録しており、その「民主主義を破壊する急進的な計画」を記している。

 

世界最大の独立系書店と自負する、ポートランド市にある書店のPowell’s City of Booksは、今月初め、ンゴ氏の書籍についてその紙版は売らないが、電子版はオンライン上で販売すると発表した後、抗議デモ参加者たちによって標的にされた。ポートランドにあるPowell’sの旗艦店の前にはデモ参加者たちが集まり、時には暴力をふるうという行為が少なくとも1週間続いた。これにより、この大規模書店は早期に店舗を閉め、従業員や顧客たちを裏口から避難させることを余儀なくされる事態となっている。

 

この時のことをンゴ氏は次のように投稿している:

【訳】「あのクソ本を売るのを奴らが止めるまで、俺たちは毎日集まらないといけない」。

 

Powell’s Booksの外に集まったANTIFAデモ参加者の1人は、私の次の書籍の出版を止めることは、ヒットラーの歴史的書籍「我が闘争」の出版を止めるようなものだと説明した。

 

ンゴ氏による出版間近の『Unmasked(マスクを剥がす)』(2月2日に出版予定)は、アマゾンのいくつかの政治カテゴリーで既に売り上げ1位となっている。

 

Gab(ギャブ)でフォロー
この記事をシェアする
error: コンテンツは保護されています。