ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

バイデン政権の証券取引委員会は個人が自由に株取引する権利も規制することを検討中——GameStop(GME)株に空売りを仕掛けたヘッジファンドがネット掲示板ユーザたちの「逆襲」を受け倒産の危機に瀕したことを受けて

バイデン政権の証券取引委員会(SEC)は個人が自由に株取引する権利も制限することを検討中との情報——GameStop(GME)株に巨額の空売りを仕掛けたヘッジファンドMelvin Capitalがネット掲示板ユーザたちの「逆襲」を受け倒産の危機に瀕したことを受けて

GameStop株の一斉購入を呼び掛けたネット掲示板Redditのフォーラム(Screenshot via Reddit)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/GrNwd (『https://』は省略可能です)

 

■ 民衆から自由に投資する権利を奪うネット証券会社やテック企業

 

Redditのユーザたちは、GameStopだけでなく、BlackBerry株やAMC株に対しても同じ「ショート・スクイーズ」を仕掛けようとしている。BlackBerryの株価は、年初の1株6.58ドルから、火曜には終値18.92ドルと3倍近くまで高騰した。一方、AMC株は、ツイッター上で#SaveAMC(AMCを助けよう)というハッシュタグが立ち上がり、先週末の1株2ドルから、水曜には終値19.90ドルにまで高騰した。木曜の終値は8.63ドルと大きく下げて引けている。

 

こうした民衆の「逆襲」に対して、証券会社のTD AmeritradeやWeBull、そして手数料無料を謳い急速にユーザ数を獲得した新興ネット証券会社のロビンフッド(Robinhood)は、GameStopやAMCなど、値動きの激しい株式を売買することを制限するという強硬手段に出ている。具体的にRobinhoodが取引禁止にした株式は、AMC、BB、BBBY、EXPR、GME、KOSS、NAKD、そしてNOK。

 

格安ネット証券企業Robinhoodは、GameStopの株式の取引を、29日(金曜)に再開するという声明を発表している一方、Webullは28日(木曜)に株取引の制限を解除したと発表した

 

しかし、木曜朝、奇妙なことに、Rbinhood、TD Ameritrade、E-Trade、チャールズ・シュワブ、フィデリティー、そしてWebullといったネット証券会社のウェブサイトが一斉にダウンするという事態が発生したDownDetectorが報告している。

 

Robinhoodのウラド・テネフCEOは、28日(木曜)、金融系ケーブル局のCNBCに出演し、GameStop他の株式の取引をこの日制限する判断を下したことについて説明した(以下の動画):

 

しかし、Robinhoodの複数のユーザは、GameStopの手持ちの株が勝手にRobinhoodにより売却されたと報告している。

 

ニューヨーク証券取引所前では、この日、Robinhoodなどのネット証券会社による取引制限に抗議するデモが行われた:

 

Robinhood本社前でも抗議デモが行われた:

 

抗議デモに拍車をかけている一つの理由は、メルビン・キャピタルを救済したヘッジファンドのCitadelが、RobinhoodにGameStop株の取引停止を指示する前、自らGameStop株に対する空売りポジションを積み増したという情報が流れたためである。

【訳】たった今入った情報。Citadelが、RobinhoodにGameStop株を取引停止させる指示を出す前、自ら空売りを補充したという垂れ込み情報を得た。

 

もしこれが真実であれば、(Citadelの創業者でCEOの)ケン・グリフィンとRobinhoodの創業者たちは刑務所に入るべきだ。

 

これは階級闘争だ。

 

ネット証券会社によるこうした自由に投資する権利を奪う行為に対して、アメリカの有名デイトレーダーのデーブ・ポートノイ氏は、ウォール街が詐欺行為を行っていると、Robinhoodなどのネット証券会社を大批判する動画を1月28日(木曜)投稿し、バズ動画となっている。

 

 

 

ヘッジ・ファンドは投資で巨額の損失を出しても救済されるのに対して、民衆がウォール街に損失を出させると、民衆の自由に投資する権利は奪われるという理不尽な状況に激怒している。「ウォール街は株価操作をしている」と、ポートノイ氏の不満が爆発している。

 

RobinhoodのCEOが出演したCNBCの動画に対しても、ポートノイ氏は「詐欺師」とコメントして投稿している:

 

そして、このウォール街に対する民衆による蜂起を起こすきっかけとなったネット掲示板のRedditは、1月27日(水曜)に「度重なる警告にもかかわらず、ヘイトに満ちた差別的コンテンツを許した」という理由でこのネット掲示板のホスティング・サーバをDiscord社が禁止したと報じられた。新興SNS企業パーラのホスティング・サービスをアマゾンが禁止したのと同じ事態が、言論の世界だけでなく金融の世界でも起きた。しかし、サーバが閉鎖されてから約1時間後、Redditのフォーラムは復活している。

 

先に紹介したデイトレーダーのポートノイ氏は、Redditのサブ掲示板が閉鎖されたことで、さらに自身のフォロワーたちに蜂起を呼びかけるツイートを投稿している:

【訳】緊急会議 ―  背広組が、Redditのフォーラム「wallstreetbetsを閉鎖した。私の予想では、明日はAMC、GME、NOKの株にとって銀河系レベルの(爆上げの)日になるだろう。

 

(私は金融アドバイザーではない。なので私の話は聞かないでくれ。)

 

ポートノイ氏の怒りは収まらない:

【訳】緊急会議 ―   今日の犯罪行為に手を染めたウォール街の人間は全員、刑務所に入る必要がある。

 

【訳】Robinhoodが「ロビンフッド」という名前である皮肉。彼らの隠された底意というのは、貧しい者から盗み、さらに多くの富を、富める者たちに与えることだ。

 

■ 政府も動く?

 

1月17日(水曜)午後の記者会見で、ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、ジャネット・イエレン財務長官を含むバイデン政権が、株式市場の状況を「モニタリングしている」と記者団に語った。

【訳】ホワイトハウスの報道官、ジェン・サキは、バイデン・チームが、GameStopの株価が急上昇していることについて「モニタリングしている」と語った。

 

「株式市場は、我々の経済の健康状態を示す指標であるだけではない」と彼女はプレス・ブリーフィングで語った。

 

しかし自由市場経済で、空売りを仕掛けられた株式を、個人投資家が自らリスクを取って購入するという合法的な投資行為を、なぜ政府が「モニタリング」する必要があるのか?ヘッジ・ファンドが自らリスクを取り仕掛けた空売りで、倒産の危機に瀕しているからか?

 

そして今週水曜、証券取引委員会(SEC)が個人投資家による投資の権利を制限することを議論していると報じられた。Wolfpack Researchの創業者であるダン・デービッド氏が、スティーブ・バノン氏のネット番組に27日(水曜)出演し、GameStopの株価が高騰してヘッジファンドが大損を被っていることを受けて次のように語った。

SECは、まさに今、個人投資家たちに対する(新たな)規制を議論している。米国政府は、投資銀行は規制するつもりはない。

 

これと同じ日、SECは声明を発表し、株式市場をモニタリングしていることを明かしている。

 

このスティーブ・バノン氏のネット番組の動画はここで視聴できる

 

 

スティーブ・バノン氏のネット番組は、CNBCのニュース動画を引用し、ヘッジファンドのメルビン・キャピタルに対して行われた民衆の投資行為が「攻撃(attack)」とアナウンサーによって表現されていることを指摘している。テレビ局がどちらの味方に立つ報道を行なっているかが露呈している。

 

金融の世界でも、ビッグ・ガイ(エスタブリッシュメント側)が自分たちに有利なようにルールを決めるという現実が露わになっている。アメリカの民主主義は、政治の世界だけでなく金融の世界でも見せかけにしか過ぎなかった。

 

【訳】Robinhoodは金融デモクラシーを謳っているのに、民衆がGME、AMC、NOKの株を購入することでまさに金融デモクラシーの権利を行使しようとすることを、Robinhoodがブロックしているのを目撃するのは滑稽だ。

 

イーロン・マスク氏は「空売りを違法にしろ」という意見に賛成している。テスラ株に対して、巨額の空売りが仕掛けられているからかもしれない:

【訳】空売りを違法にしろ。

 

【訳】イェス

 

先ほど紹介したデイトレーダーのポートノイ氏は、別のツイートで次のように投稿している:

【訳】Robinhoodは、自由な株取引を許可するか、さもなくばRobinhoodの終焉だ。以上。

 

彼の言葉を借りれば、もし証券取引委員会(SEC)や財務省などの米国政府が、個人投資家による自由な株取引を許可しないのであれば、それは米国の金融市場の終焉となるだろう。

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。